伊集院光Wiki「Ijupedia」 バイオ伊集院への道


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バイオ伊集院への道

ばいおいじゅういんへのみち

(OhD, 92-93)体験系コーナー。バイオテクノロジーの力を借りて最強のラジオパーソナリティになろうという名目のもと、伊集院がミクロ小林にいじめられる。コーナーの頭に「果てしなく続く科学の発達。バイオテクノロジーは神の領域をも侵し、今や新しき生命を生み出すまでに至っている。ああ、嗚呼、神をも恐れぬ迷える小羊、人間たちよ。今宵もまた、気のいいデブがその実験の前に身を晒す。バイオ・伊集院への道」という口上をターミネーターの曲に乗せて言うのが決まりだった。
[説]伊集院はまたの名を「公開処刑」「火曜恒例公開リンチ」「恐怖の魔女裁判」「人殺し」「世界残酷物語」「地獄」「君死にたまふことなかれ」等と命名していた。腹いせに小林Dの使い込みを放送で暴露していたところ、それが事実だったらしく小林Dは昼に飛ばされた。
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。