USS 小説19


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

付与魔術を覚えよう19  ... 著 / 優有

豚と呼ばれた貴族は一瞬、その笑みを凍らせて不快気な表情を見せた。
だが、それを言った相手を確認して、さらに顔色を変える。

「ぶほほっっ! お久しぶりですねぇ、白熊さん」

「おや、知り合いかね?」
「ぶん殴った」
「お前、マジで貴族をぶん殴ってんのな」
「なんでそんな事に?」
「ダンジョン踏破、おめでとうございますわ」

貴族と冒険者の接点は意外と少ない。
冒険者に会おうとする酔狂な貴族が少ないというのもある。
また、冒険者を使わずとも私兵で用が足りることも接点の少ない理由だ。
権力者でもある貴族を毛嫌いした冒険者が、
機会があれば殴ってやる、と酒の肴にすることもある。

だが実際に殴った者がいれば、猫の獣人のように尋ねるだろう。
その原因とも言える狐娘が話をそらしているのは、後ろめたいからか。

「ぶほほ。奇遇ですねぇ。お二人とこんな所で出逢うとは」

ソファの上で腹を揺らし笑う貴族に、笑顔を返す狐娘と睨み返す白熊娘。
「ちょうど今、ダンジョンを踏破しましてねぇ。非常に気分が良いのですよ」
彼が指を立てると、私兵団の兵士長らしき男が前に出てくる。

「なんでも兵の治療をなさったとか。ささやかですがお礼をしましょう。
受け取りなさい」

貴族から渡された袋を彼らの方に放って、兵士長は笑みを浮かべた。
兜の真庇で顔半分が隠されているが、覗く口元には笑みが浮かんでいる。
地面に打ち付けられた袋からは、小さな金属の擦れる音がした。
中身が相応の量の硬貨であろうことは容易に想像できる。

兵士長の笑みが歪に見えたのは、彼だけだった。
そして彼以外、その言葉の意味が理解出来る者はいなかった。

「【その身をひさげよ】」

狐娘の手が、地に落ちた袋を拾い上げようと伸びた時。
兵士長の発した言葉は、彼女に向けられていた。

「取っちゃダメっ!」

術の対象となった狐娘に叫びつつ、袋を蹴り飛ばす。
袋は重い音を立てて少しだけ飛び、再び地面に打ち付けられた。

「な、何をしてますのっ!?」
「何をするんだっ!」

金を蹴るとは何事かと狐娘が怒鳴るのと同時に、
猫の獣人も兵士長へと怒鳴りつけていた。

「ほう、こんな希少魔術を知っているのか。珍しい奴だ」

魔術というのは技術でもあり、知識でもある。
広く大衆に知られる魔術は、ギルドや協会などで教わることが出来る。
だが冒険者などが独自に開発したものや、ダンジョンなどから得られた魔術の場合は、
秘匿性が高く出回り難い物もある。

【その身をひさげよ】はそうした魔術の一つだが、特に出回らない理由がある。
施術の媒介である対象の年齢以上の枚数の金貨。まずこれが用意できない。
貴族なら用意出来るが、それなら普通に雇うことを考える。
使用条件が満たされ難い上、満たす者は使う理由が少ない魔術のため、廃れた魔術なのだ。

そんな魔術を知らない面々には、猫の獣人が何を憤っているのかわからない。
仕掛けた本人は面白そうに笑っているし、
その金を出した貴族は余興を楽しんでいるようだ。

「お礼と言って、あんなものを使うなんてどういうつもひッ!?」
「お金を蹴るとはなんてことをしますのっ!」

憤って逆立ち膨らんでいた尻尾が掴まれ、後頭部に凄まじい怒気が叩きつけられる。
守ったのに怒られるという理不尽な状況は、側から見ている者には非常に愉快に見えるのだろう。

「ぶほほっ! 頼もしい騎士ですねぇ。実に面白いものを見せて貰いましたよ。
それでは今日は帰るとしましょう。宝の処理も必要ですからね」
「かしこまりました。すまないが、謝礼はこちらにさせて貰う」

貴族の笑いに合わせてソファが移動を始め、兵士長が袋を回収する。
それとは別に数枚の銀貨をその手から溢す。
今度は魔術を使っていないか、猫の獣人は警戒を緩めない。
その耳が後ろを向いているのは、後ろを見たくないからか。

「良い冒険者になったもんだ」

去り際に残された言葉は、彼に向けられていた。
記憶とは大分変わった老いた姿。
それでもその笑みには、あの時の面影が残っている。
笑みから感じた歪さと懐かしさ。

かつて、彼の耳をモフモフしながら冒険者が言った言葉。

「良い探索者になるよ」

冒険者と探索者。
違う言葉に込められた、眩しいものを見守るような感情。
「まさか、あの時の」

その言葉の意味の違い。
目指したものと辿り着いたものの違いがなんなのか。
背を向けて歩き出す兵士長の背を追おうとして、尻尾が引かれる。
それ以上足が進まず、何を言えばいいのかわからずにいるうちに、
兵士長は去ってしまった。

そんな彼の気持ちなど知る由もなく、掴んだ尻尾を離さないままで彼女は笑顔を見せる。

「どこに行きますの?」

背筋に寒気を感じた彼の尻尾は、恐怖と寒気でピンと硬直していた。



今回の付与魔術


【蹴球友誼】
(シュートザ・フレンズボール)

素材:球状または袋状のもの。
効果:素材を蹴った際に飛距離や威力が増す。
熟練すると球状にした布で岩壁にヒビをいれることも出来る。
詠唱:「友達だもん、顔で受けてよ!【蹴球友誼】!」
代価:素材の中身が威力に応じて破壊される。
中身が全て破損するまで素材が破壊出来なくなる。


iPhoneから送信