1990-99年


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1990

赤山容造「Ⅲ土器・石器と遺構の分析 1中期前半の土器」『三原田遺跡』第2巻 群馬県企業局
野村一寿「6群4類 曲隆線文土器」『松本市坪の内遺跡』松本市教育委員会
山口逸弘「群馬県における阿玉台式の諸様相」『研究紀要』第7号 群馬県埋蔵文化財調査事業団

1991

赤山容造「どのようにして三原田式土器が生まれたか-半隆起線文手法の系統について-」『群馬県立歴史博物館紀要』第12号 群馬県立歴史博物館
寺内隆夫「長野県上水内郡三水村・上赤塩遺跡出土の縄文中期時について」『長野県考古学会誌』第61・62号
山口逸弘「「新巻類型」と「焼町類型」の文様構成-群馬県の縄文時代中期中葉の二者-」『土曜考古』第16号

1992

寺内隆夫「浅間山東側からの視線、西側からの視線-焼町土器の成立をどうとらえるか-」『長野県考古学会誌』第67号
山口逸弘「新道系土器群の変容過程-利根川上流域を中心として-」『研究紀要』第9号 群馬県埋蔵文化財事業団

1995

寺内隆夫「浅間山麓の縄文中期中葉の土器」『長野県考古学会大会資料』

1996

小林真寿「浅間山麓の縄文中期中葉土器論 焼町土器の研究」『長野県考古学会誌』第80号
寺内隆夫「斜行沈線文を多用する土器群の研究-「後沖式」の設定は可能か?-」『長野県の考古学』㈶長野県埋蔵文化財センター
三上徹也「長野県の中期中葉から後葉の様相」『縄文セミナー 第11回中期中葉から後葉の様相』

1997

小口達志「伊那谷の後沖式土器と焼町土器」『伊那』第45巻4号
水沢教子「焼町土器を切る」『佐久考古通信』第71号