368karasu @Wiki 麻生太郎さん


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

麻生太郎さん数霊;生年月日:昭和15年9月20日
十5,9、2十、といこふと、以後国を、
天1=1、2=2、3=0,123=3。人4=0、5=3、6=3、7=0、8=0、45678=6、地9=1、10=3、910=4、363人地天
日16910=7(キリストの数)、247=2、358=3、日7+天3=10、総数12、小泉の龍を受け継ぎ以後国をか、意外と謙虚な人。5=3、6=3は珍しい、5=3は阿蘇の神力。
6=3は金星、5=3は火星が守護星。
七曜、かばら合わない。首相は無理。先祖、他力の人。阿蘇の神力が全て。
● ● ●洗練の金曜生まれ−★未来人★761− 金曜生まれのあなたは未来人-みらいじん-未来的な人。一歩進んだライフスタイルと美観を持っているこだわりの人です。(女性向き)
■長所***●優れた経済観念と味覚、美意識を持ち合わせたセンス抜群の人。振る舞いやファッションはとってもエレガントで、人から憧れられます。精霊人 の、「愛され親しまれる」という魅力とは異なり、「遠くで見て憧れていたい」と思わせるタイプです。容姿の美しい人も多いようです。美しいものを愛し、見 出す事が出来ます。装飾品を上手く使いこなせるお洒落さは七曜のうちピカイチです。グルメな面もあり、料理に才能も。どちらかというと家庭料理よりは、見 た目の美しい洗練されたフランス料理や懐石料理を好み、盛り付け重視。交際関係は、いつもスマイル。プライドの高さを隠して上手くお付き合いします。
■長所以外***● 見られているほどにはお金を使わないのですが、贅沢で派手と思われ易いタイプです。苦労や汚い事が嫌いで、そんな状況になると逃げ出します。誉めてくれる 人に弱く、表面だけの世辞を見抜けません。欲張り。人の物を欲しがったりします。どっちつかずの立場に居て信用を失う事も。ナルシストで芝居がかっていま す。
■恋愛では***● ファッション感覚が優れている、と思える人、つまり自分の好みのセンスの人に恋焦がれます。「お似合いの二人ですね」と言われたいタイプです。金曜さんに は恋も、ファッションの一部かもしれません。実際相性が良いのは、内面も愛してくれる真心有る人です。軽快型恋愛【自分が周囲からどう映るかが最大課題の 恋】
<守護エレメント>--風-
<向いている職業>●美を扱うデザイナー、モデル、美容師、スタイリストなどのお仕事。栄養士などの料理系も向いています。会計士や銀行員等、金融関係も良し。接客業。商売業。
<守護星>●*ファーストスター*美と調和の星:金星=第7のセフィラ。数字は7、色は緑、金属は銅、宝石はエメラルド、惑星は金星を象徴する。全裸の女性で表される。
368からすのセカンドスター太陽16十(特に1)第6のセフィラ。生命の樹の中心に位置している。数字は6、色は黄、金属は金、惑星は太陽(太陽も惑星と見なす)を象徴する。
<守護を司る神>●美の女神アフロディーテが金曜生まれを特に愛し、全面的に守護を担っています
<ラッキーカラー>●ゴールド,蛍光色,黄色,白,プラチナカラー,ビスク,ベージュ

━━━━━━━━
誕生数 7 の性格7=0
━━━━━━━━
楽天的で鋭い知性を持った戦略家です。科学的思考の持ち主で、感も鋭く人や物事の本質を見抜きます。理想が高く細かいことに神経質で、実行力があり、やる と決めたらどんなことをしても達成させます。でも心の内側には深遠な精神世界が広がっていて、傷つきやすくデリケート。感性の世界に生き独創性が高く、神 秘的な能力を持つ人もいます。様々な価値観が渦巻き混沌としていますが、心に壁を作り人には見せません。行動は大胆ですが、いつもクールで落ち着いていま す。知性・感性ともに鋭いためあらゆる矛盾に敏感で、空しさを抱え反抗的な面が目立つ人もいます。自立心が強く人に振り回されるのを嫌い我が道を行くタイ プです。感情を殺し冷徹に徹することもあり、その気になれば有能な戦略家として大きな成功を掴める強運の持ち主です。
━━━━━━━━
生まれ日 2 の性格2=2
━━━━━━━━
感性豊かで夢の世界に生きるロマンチスト。デリケートで傷つきやすく、ガラス細工のようなハートの持ち主です。恥ずかしがり屋で照れ屋ですが、友好的で協 調性がありみんなに可愛がられます。仲間をとても大切にしていて、大切なものを守るためなら戦う強さがあります。いつも誰かを求めていて、自分と相手の関 係をとても気にしています。人を助けるため苦労するタイプで、困っている人を見るとついつい世話を焼いてしまいます。でも、子供のような我侭な面もあり、 短気で衝動的にトラブルを発生させることも。みんなに愛されたい気持ちが強く、自分を見てくれないと拗ねる寂しがり屋です。心配性過ぎて相手の言動に過剰 反応するのですが、取り越し苦労の場合が多く心配しなくても大丈夫なことが多いようです。豊かな感情は芸術的才能に恵まれている証拠でもあり、この才能が 開花し活躍する人も多いです。
━━━━━━━━
ペルソナ 11 の性格2=2
━━━━━━━━
穏やかで神経質な雰囲気があります。人の心に敏感なので人の心を気にし続けていて、か弱そうに見える場合もありますが、人や物事の本質を見抜き話すと頑固 で理屈っぽいです。短気でキツい面もあり、負けず嫌いでどこまでも頑張る努力家です。理想も高く妥協嫌いで、自分に自信があり、陳腐な物事を軽視する傾向 があります。エリートを好み有能な人物の下で実力を発揮したがり大企業を好んだり、一般社会の常識から離れ個性的な人生を歩んだります。周囲を気にしてい るわりに周囲に振り回されず、理想を追求するマイペースな人です。
652の人。

http://image01.wiki.livedoor.jp/n/8/niwaka368/7354161a3145922f.gif

麻生神社、大分県宇佐市浅生
祭神 建磐龍命 柿本人麿 由緒 不詳 或伝に祭神懐良親王 祭神柿本人麿は同大字石原無格社人麿 神社として祭祀ありしを明治四十四年 一月十三日合併許可。昭和七年七月十 九日村社に列せらる。(猿田彦命)

麻生神社(瀬織津姫 )鳥取県八頭郡郡家町大字麻生

阿蘇神社 旧官幣大社(あそ、あそう、麻生は阿蘇から分かれたか)阿蘇郡一の宮町宮地 豊肥線 宮地駅より北一粁
祭神 健磐竜命 阿蘇都比命 国竜命 比御子神 彦御子神 若比神 新彦神 新比神 若彦神 弥比神 速瓶玉命 金凝神 諸神(延喜式内の大小神紙三一三二座)
例祭 七月二八日 神紋 鷹の羽の打違い (裏紋) 舞鶴 本殿 千鳥破風造 三六坪 境内 一○、○○○坪 攝末社 四○○余社 宝物 古代作太刀(大蔵国貞作)、鮫形短刀(月山作) 劔(天国作)、劔(行平作)、後醍醐天皇と後村上天皇の綸旨、鎌倉文書数通 氏子 千二百戸 崇敬者 五千人 神事と芸能 田作祭(三月卯の祭中己の日より亥の日に至る一週間)、御田植神幸式(七月二八日)、田実神事(九月二五日)、阿蘇古代神楽(榊舞剣舞幣舞米舞)
 由緒沿革 主祭神健磐竜命を一宮として二宮 以下一二神総て近親の神々を祀る。本社は延 喜式に健磐竜命神社とある。孝霊天皇の九年 速瓶玉命に勅して創立あらせられ景行天皇の 一八年惟人命に勅して特に崇敬を尽され、永 く祭祀を怠る事なからしめ給うた。以来歴朝 の御尊崇篤く、健磐竜命に封二千石を充て奉 り、貞観六年正月正二位に叙せられた。次で 延喜の制、名神大社に列し寛仁元年一代一度 の大奉幣に預る等、朝廷の尊崇極めて篤く、 肥後国一の宮とせられた。以後、将軍家を始め 武門、武将の崇敬を受け広大な社領を有して いたが、秀吉九州征伐の折、社領を没収せら れ、改めて天正一五年三百町歩の地を寄せ、 茲に往年の勢力を全く失墜するに至った。後 加藤清正、肥後藩主として入国、次で細川家藩 主たるに及ぴ、累代社領の寄進社殿の造修を 為し崇敬の誠を現わした。明治四年国幣中社 明治二三年官幣中社、大正三年官幣大社に列 せられた。阿蘇火山と共に神徳が高い。(神 社本庁別表神社)

阿蘇神社 肥後一宮
<健磐龍命神社/阿蘇比咩神社⇒阿蘇社→阿蘇宮→阿蘇神社>
名神大社、888年以後は大神宝使発遣対象社。第7代孝霊天皇御代 孝霊9年(紀元前281年)6月勅命により、神武天皇の御子である神八井耳命(カムヤ イミミノミコト)のまた御子である健磐龍命(タケイワタツノミコト)=阿蘇大明神−一の宮)を主神とし、御妃神である阿蘇都媛命(アソツヒメノミコト=二 の宮)、阿蘇初代国造である国造速瓶玉命(クニノミヤツコハヤミカタマノミコト=十一の宮)及び近親十神を含めて十二神(12宮)を祀る神社として創建さ れました。その昔、阿蘇大明神は満々とたたえた湖水を外輪山の立野付近を蹴破って水を流し阿蘇を開拓しました。第12代景行天皇は国造速瓶玉命の子惟人に 命じて神社を創建させたと伝えられます。(肥後国誌等)
鎮座地:阿蘇神社は熊本県阿蘇市一の宮町宮地字宮園3083。阿蘇五岳の北側阿蘇谷の中央部に位置し、古代阿蘇国造 の中心地でした。
旧社格:大正元年に官幣大社62社の一つ


①神日本磐余彦尊* 第1代 神武天皇

伊須気余理比売(イスケヨリヒメ)o 大国主命が丹塗矢に化して生ませた御子で阿蘇都媛草部吉見姫

②神八井耳命(カムヤイミミノミコト)

本来 天皇になるはずであったが、仇を伐った末弟の神沼河耳命(健沼河耳命ともいう、第2第 綏靖天皇(スイゼイ)となる)に国を譲った。* 神八井耳命は、意富臣、小子部連、火君、大分君、阿蘇君、筑紫三家連、雀部臣、雀部造、小長谷造、都げの直、伊予国造、科野国造 、道奥の石城国造、常直 の仲国造、長狭国造、伊勢の舟木直、尾張の丹波臣、島田臣等の祖先。(古事記)


神武天皇東遷
 中巻の神武天皇章によると、神武天皇の皇子は、①日子八井命②神八井耳命③綏靖天皇の3人います。
この中で、神八井耳命の子孫は、下記の19支族あったと伝えられます。
 一説では、これら多氏の祖先は久米部隊(蘇人)ともいい九州の智保郷(高千穂・阿蘇)から大和国十市郡飫富郷(おう)に東遷した後、主に東国を中心とし て全国に移住したのではないかとも伝えられています。多氏の本拠地である奈良県磯城郡田原元町多字宮ノ内には、多神社(多座弥志理都比古神社=おおにいま すみしりつひこ)があります。さらに多神社の西 橿原市飯高町字西垣には、小子部命/武甕槌命を祭った子部神社(こべ)、スガル一座を祭る小子部神社(ち いさこべ)があります。
 ウマシマチ尊は父を饒速日命、母を長髄彦の妹とし、神武東遷後、大和王朝の行事等の基礎を創りました。その後、岩見国(島根県)へ移住したと云います。
 『上代日本正史』原田常治著によると、出雲/大和族である布都御魂の子 素佐之男尊の第五子がニギハヤヒ尊(大物主神)で娘 伊須気依姫(御歳神)は、 伊邪那岐命/伊邪那美命→天照大神を祖とする日向一族である神武天皇と結婚し、皇子 八井耳尊のまた皇子が阿蘇神社に祭られている健磐龍命になります。
 また、健磐龍命は高千穂から阿蘇谷に向かう途中に幣立神宮や草部吉見神社に立ち寄った。健磐龍命は草部吉見の姫をお嫁さんにもらった。ちなみに 八井耳尊の子には古事記著者の太安万侶の祖先である多臣→おお臣がいらっしゃいます。
 私がアソの地名で調べているのは、この おお臣や八井耳尊の子が大和を経由して近畿、東北に移住している確証を阿蘇神社やアソという地名でつかもうとして探しています。
 一方、『先代旧事本紀』は、藤原不比等(朝鮮半島か中国大陸からの渡来人?)により抹殺された本来の大和朝廷の豪族である物部氏、大伴氏等の伝説を伝え ています。ニギハヤヒ尊は天磐船にのり河内国河上哮峰に天降った後、更に大倭国鳥見白庭山に移り住み、鳥見(三輪山付近)の豪族であった長髓彦の妹御炊屋 姫を妃として大和(トミまたは秀真国)を治めました。神武天皇は東遷したときニギハヤヒ尊の兒 ウマシマチ命から統治権印の端寶十種を継承したといいま す。
 尚、物部氏の支族には、穂積氏、三河国造、小治連、宇治部連、交野連、六人連、倭志、紀連、若湯坐連、小市直、駿河国造等約80あります。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|