※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エクストリームサッカー

JoyToKeyをつかってコントローラーでプレイしよう。


攻撃時

●移動(ドリブル)[→↑↓→]
移動は→↑↓→キーで行います。
移動したい方向のボタンを押すことで移動し、斜め移動も可能です。

●ロングパス [A]
Aキーで遠い位置の味方に対して浮き球のパスを送ります。
渡したい味方の方向を向き、ボタンを押すとパスをしますが、キャラクターの能力によって、精度に違いがあります。

●ショートパス [S]
Sキーで近い位置の味方に対してゴロのパスを送ります。
渡したい味方の方向を向き、ボタンを押すとパスをしますが、キャラクターの能力によって、精度に違いがあります。

●シュート [D]
Dキーで相手ゴールへ一直線の弾道でシュートをします。
シュートするキャラクターは、どこを向いていてもDボタンを押すことで、相手ゴールへ向けてシュートを放つ事ができます。
また、Dボタンを長押しする事で、パワーのあるシュートを放てます。
キャラクターの能力によって、シュートの威力、精度に違いがあります。

●スキル [Q,E]
Q、Eキーでスキルを使用する事ができます。
スキルは、強力なシュートや、パスを繰り出すことができますが、アクションポイントを必要とします。
スキルの詳細はこちら

●回避 [W]
Wキーで相手のストライクを回避します。
相手の行動パターンを読みつつ、どのように相手ディフェンスを突破するかの判断も時には必要となります。

●ジャンプ [Space]
Spaceキーで相手「スライディングタックル」や「スタンディングタックル」をかわす事ができます。相手をかわすことに成功すれば、いっきにチャンスが広がるはずです。

●ダッシュ [Shift]
Shift+移動ボタンで、通常より速く移動することが可能です。
ダッシュ中は、スタミナを消費し、スタミナがなくなるとダッシュすることができなくなります。
スタミナの配分も計算し、うまく1試合を乗り切りましょう。


防御時

●スライディングタックル
Aキーでスライディングによるボール奪取を行います。
スライディングタックルは、その場から前方へ滑り込むので、「スタンディングタックル」よりも、ボール奪取の効果が大きい反面、スタミナを一定量消費するので、連続使用に注意する必要があります。

●スタンディングタックル
Sキーでスタンディングによるボール奪取を行います。
スタンディングタックルは、その場でのボール奪取を目的としているため、充分相手に近寄る必要があります。
ただし、スタミナの消費がないため連続での使用が可能となります。

●ストライク
Dキーでストライクによるボール奪取を行います。
ストライクは、強引なボール奪取方法で、効果も大きい反面、スタミナの消費量が大きいため使用には充分な注意が必要です。
もし、連続で使用したら、その後はしばらくスタミナを消費する行動が不可能となります。

●スキル
Q、Eキーでスキルを使用する事ができます。
スキルは、強力な技を繰り出すことができますが、アクションポイントを必要とします。

●ダッシュ
Shift+移動キーで、通常より速く移動することが可能です。
ダッシュ中は、スタミナを消費し、スタミナがなくなるとダッシュすることができなくなります。
スタミナの配分も計算し、うまく1試合を乗り切りましょう。

キーパー

●移動
←、↑、↓、→キーで移動を行います。
移動したい方向のボタンを押すことで移動し、斜め移動も可能です。

●スライディングキャッチ
Aキーでスライディングによるボールのキャッチを行います。スライディングキャッチは、使用した方向へスライディングでのキャッチを行います。

●ダイビングキャッチ
S+飛びたい方向のキーで使用可能です。どこへ飛ぶかは、プレイヤー自身の反応に依存します。ですが、ダイビングキャッチをマスターすれば、格段に失点を減らせることが出来るはずです。試合を重ねてマスターしてみましょう。

●ストライク
Dキーでストライクによるボール奪取を行います。ストライクは、強引なボール奪取方法で、効果も大きい反面、スタミナの消費量が大きいため使用には充分な注意が必要です。もし、連続で使用したら、その後はしばらくスタミナ消費する行動が不可能となります。

●スキル
Q、Eキーでスキルを使用する事ができます。スキルは、強力な技を繰り出すことができますが、アクションポイントを必要とします。

●キーパーモード切替
Spaceキー、Wキーをエリア内で押すことで、ゴールキーパーはフィールドプレイヤーモードとゴールキーパーモードを切り替えられます。試合中にゴールキーパー役を変更することはできません。フィールドプレイヤーモード時は通常のプレイヤーと同じ操作となります。
  
添付ファイル