世界観年表


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(星暦 0年 創世期)
 

かみさまが"神界"にて『箱庭』を形成する。
"調律者"の1人、『無』のロキ=ラティーナを作る。
 

(星暦 1~200年)
 

『箱庭』の外界、混沌とした暗闇を1つの世界として作り直す。
これをローザロンドとかみさまが名づける。
"調律者"4人をかみさまがこの間に作成する。

知識と言葉を有さない彼らのために『星節』を作る。簡単な言葉遊びをさせ、200年の間に知識を蓄えさせる。
年の終わり、ロキの魔力の欠片で"蝶々夫人"が生まれる。
 

(星暦 201~500年 楽園期)
 

混沌としたローザロンドが1つの大陸と大海になる。膨大な自然で、微生物クラスの魔獣が生まれていく。
永い時間の中、10代後半の姿になった"調律者"たちはかみさまに殆どの仕事を任される。
この時、『廻』のアンリエッタが『終』のネリアに別れを告げることにより世界は動き出す。
 

(星暦 501~800年 戦乱期)
 

501~749年
アンリエッタによりスレイプニル・ネロが生成される。この頃からクロードと呼ばれる先住民族が生まれだす。
この時期から亜人・獣人・ヒューマを生成し下界に下ろすという作業が行われる。一部の亜人のみ一時的に『箱庭』にて知識を授かる。

627年
第一次産業革命がおこる。
ヒューマの1人が織機・紡積機を発明する。
同時に川沿いにて製鉄の機械が開発される。

750~800年
『終』のネリアがロキの姉・ルナルを外れキメラにしてしまう。
それによりロキが激怒、ネリアと対決する。『箱庭』の下界にて大陸を3分させ、土地を隆起させ地面を割る程の戦闘が行われる。
結果は引き分けだが、この騒ぎによりアンリエッタはローザロンドの外・時間軸に飛ばされてしまう。
 

(星暦 801~1000年)
 

801~900年
現在もある国がこの時成立する。
最初はフェルマーをネリア、トロイトをロキが受け持っていたがロキはとある事情により国を君主から民主に切り替え適任のヒューマを選び抜いて去ってしまう。

905年
第二次産業革命。
この頃に機関車の開発が始まる。
長距離移動が船舶と共に少しずつ普及し始める。

1000年
フェルマー・トロイトの2国間にて戦争。鬼蓮戦争と呼ばれ、冷戦も含め20年ほど続くことに。

 

(星暦 1001~1110年 近代)
 

1020年
『停戦条約』が事実上締結。
これによりフェルマー・トロイト間での航路は極端に減ってしまう。

1070年
フェルマー連邦から王・ネリアが姿を消す。これにより国政は一時傾くが、"三賢人"らの処置によりつなぎとめる。

1110年
赤髪赤眼の亜人が王制院を襲撃。彼が王の代役・総長を兼任することに。
同時に発布されたものに人々が慄いてる最中、唯の手により『Jumble』が発足される。
 

星暦 1120年 現在