非公開歌詞保管サイト@Wiki オーバー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 二時がすぎて僕らはもう迷った
 徒歩でどこまで? 夢に見た遠い場所まで
 新しいものなんてなかったこの町にも
 知らない景色が増えていった

 ひとつめの角なら目をつむっても曲がれる
 張りきって頭をポストにぶつけて君は泣いた

 どんな言葉をかけても君はすねたままで歩き続けてた
 この町が夕日に包まれてた 立ち並んだその影をオーバー


 九時をすぎて僕はやっと気づいた
 暗闇の中 眠たげに目をこすって
 まあどうぞこちらに来て立って眺めてごらん
 光の数だけ増えたものを

 変わり果ててしまって自分ひとりが残される
 それは寂しいことだといって君はまた泣いた

 躍起になってまた目をつむって 今度は走っていった君の
 その先にもずっと続いていくよ 光に照らし出された道