非公開歌詞保管サイト@Wiki 一万の軌跡

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

足さえすくむような断崖(だんがい)に立って闇を見下ろしていた

 無数の光たち 流星のように落ちては消えた
 今なら届くかもしれない手を伸ばせば でもそんなこと
 できない もう僕は見送るだけ 一万の軌跡を

 強がりは離せない
 臆病なその足で進んでゆく
 歯がゆさで 悔しさで
 向かってゆく それが人だから

 60億分の思いが織りなす別世界が目の前に
 僕らを包んでゆくんだ 聞こえてくる声は

 生きていく 生きていくんだ 生きていくことが醜くても
 生きていく 生きていくんだ 生きていくことで守っていく
 生きていく 生きていくんだ 生きていくことが醜くても
 生きていく 生きていくんだ 生きていくことで輝きだす



 旅の記憶はもう 遠い岸辺の朝
 今君に捧げる


 強がりは離せない
 臆病なその足で進んでゆけ
 傷ついて 雨に打たれ
 向かってゆく それが人だから

 60億分の思いが織りなす別世界が目の前に
 僕らを包んでゆくんだ 聞こえてくる声は

 生きていく 生きていくんだ 生きていくことが醜くても
 生きていく 生きていくんだ 生きていくことで守ってゆく
 生きていく 生きていくんだ 生きていくことが醜くても
 生きていく