共同通信杯

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あどまいやむうん
スイープトウショウの牝馬版とみて良いだろう。弱い馬に強く、強い馬には交互。スイープもデビューして連勝しその後は交互。牡馬だけに切れる感じよりはバランス良くまとまった走り、水準は高い。前走のサクラメガワンダはそれなりに素質高いのだろう。ここもそれなりの強さは見せると思うが、勝ちへの意欲を失ったばかりだし、良くて二着、フサイチに無理に勝負かけると危ういかな。

しょうなんたきおん
基本性能は高いのだが、前走で分かったのは、ペースコース向かないともろいこと。持続的なラップに弱く、上がり競馬向き、坂は苦手。前走はどちらも重なり惨敗の形で四着。ここは坂ではないしペース次第、スローになれば。

ふさいちりしゃーる
持続ラップに異常に強い。よって気は強いわけではないが、自分でペース作る競馬があう。勝ち続けての高揚感はあり、ここもそんなに崩れないが、ペース間違えればいつ崩れてもおかしくない馬で、勝負はお勧めできない、まあ東京千八なら勝つんだろうが。

まっちれすばれー
勝ち方は派手だが、切れすぎるところや、血統的にも短距離があう。ここはスローでうまく溜めてしまえば一発あるが、ハイペースなら出番なし。

結論としては、フサイチのペース次第で、平均ラップ刻めばこの馬だろう。スローに落としすぎればマッチやしょうなんたきおんの出番。アドマイヤムーンはいずれのペースにしろ武豊が怖いぐらいで単は無く二、三着。ほかは雑魚で四頭だて、フサイチ頭の三連単かな、雨ならおもしろい。

フサイチ頭かなと思うが、安定感というか馬連の紐ならアドマイヤムーンと思う。というのはこの馬はクラシック向きのまとまりある馬に感じるし、フサイチは本質的にはくろふねの危うさを内包するからである、よって馬連に変更。

*
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

更新履歴

取得中です。