黒の軍団


ダカイト・ラズマ帝国の第1軍団。別名、「皇帝の剣」。
皇帝の色である「黒」を名に冠するこの軍団は、文字どおり皇帝の直営による帝国の最強軍団である。
旗操兵には黒色の狩猟機ムーン・ドアーテが12機配備されており、皇帝の周囲12方向を守護している。軍団は皇帝の身辺や皇都を離れることはない。
配属されている15人の操手は、各軍団から選ばれた最強の操手達であり、それぞれの軍団において筆頭操手を兼任していることが多い。また、機体の保守整備はローマス家から派遣された鍛治師が担当している。
筆頭操手はムーン家ショマン・ブリーニェ?

この軍団とムーン・ドアーテの存在が歴史上に最初に登場したのが、834年におきた「皇帝の剣の役」である。皇帝と黒竜教の司祭らを壊滅させるべく、帝都リ・ラズルを包囲したダンバキノバリアン神国ソーダリ国の連合軍団(操兵200機以上)が、たった12機のムーン・ドアーテによって敗走させられた事件である。このとき、黒の操手達は集団戦法等の小細工を一切使用しておらず、その精強さを西方全土に知らしめたと同時に、連合軍に参加した国々の矜持を深く傷つけた。