アマルポス神教(騎馬民)

フェルム民族の宗教。かつては、内陸に住む騎馬民族系のフェルム人が、巨大な帝国を築くなどして大きな勢力を誇ったが、操兵の出現とペガーナの台頭によって、現在ではほとんど西方に対する影響力を失っている。現在も、南部テーラタイン平原や、南西平原諸国ではかつてのフェルム人の帝国の影響を残している地域もあるが、内陸ではペガーナの影響を受けた地域が多く、騎馬民のアマルポス神教は次第にその勢力を減らしていっているのが現状である。
なお、アマルポス神教(海洋民)とは異なり、こちらの宗派ではペガンズ八柱神が魔物として扱われている。これはペガーナ信徒との戦いの歴史からくるものであろう。
同じアマルポス神教とは言っても、アマルポス神教(海洋民)とは激しく対立しあっている。特にこちらの騎馬民族の宗派は、海洋民の宗派を非常に嫌っている。

出展:
ワースブレイドエクスパンションセット2【西方の書2】」
ワースブレイドエクスパンションセット3【西方術法の書】」