東方動乱?》時の聖刻教会の法王。次代はネーザ・ロズワルド・デ・ラ・オーム?
戦乱に苦しむ信徒の為、悩みぬいた末に、聖刻騎士団を鎮圧のために派遣することを決定した。