スィナーグ


 王者の操兵 (レーヴェン・ブロイ・アイネス)に従うシュルティ古操兵?の一つ<歩>の操兵
ソレイヤードの同型機であり、88機のシュルティ古操兵?の中では最も数が多い。性能は西方諸国の正式な騎士団機のそれを遙かに上回り、さらにレーヴェン・ブロイ・アイネスの命令に従い、完全な集団戦闘を行う。
 この操兵の仮面は高い判断力と意志を備えており、時に操手の意志を無視して行動する。しかも、訓練を受けた騎士よりも素人の平民の方が上手く扱えるという変わった特性を持つ。これは、スィナーグにとっての操手は機体自身が行動する為に必要な部品の一つに過ぎない、という事実を端的に表していると言える。
 要するに、強い意志と訓練された操縦技術を持つ騎士よりも、スィナーグ自身の戦闘行動を邪魔しないただの平民の方が適しているのである(平民の操手は動かしている気になっているだけで、実際は逆に操兵に動かされている)。

似たような操兵の事例に、同時代・別地域の位置付けとなる作品「聖刻1092」に登場する、<千の守護者>ラジャス・カーラ・ギーターがある。