神曲

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2005年9月16日に発売されたあさきファーストアルバム。

初めは「ねこまっしぐら」という仮タイトルがあった。

収録曲一覧













  神曲

―あるものは―

   日と月と並び 峨々たる峰
   嫁いでいく 身は華燭に焼ける

   やがて四方の景 触れた頭垂れて
   飲んだ 蚯蚓踊る酒を

―あるものは―

   腸を舐め転ばす
   「産声!」
   坊主は相好崩し貪る
   火柱もろとも腐って
   「化仏よ!」
   佳人は六道

小坊主 「あろうことか!あろうことか!」

   百も千も過ぎし頃
   瑞光の遍し大運河に
   背骨忘れて くるわ魚が
   びっちゃら! びっちゃら!
   暁光吐き 白道まで

   泳ぐ!

   腫れ上がる我のここり裂きて
   抉り出した 坊主を呪い 這う

馬 「まあ!これいかにも!ただならぬ!あすこに!行きたまえ!」

   唇すぼみてほざいた馬
   髪掴まれ 木の葉になり舞う
   魚挙り食い!

   咳き上ぐ美女 ただつくづく
   乳飲みしている白衣(童のように)は呻き
   煩悩の犬となりて 切っ先を向ける

   這う娘は 二つの河より覗いている
   白目の歯黒(子に乳飲みさす)に足掴まれ
   引きずり込まれた

歯黒 「ごゆるりと」

   揺ららと鳴る仙花紙の雲は極彩色よ
   在す神の祝

   霊香湿る
   「わたくし 禍言を」
   野辺の送りに
   「謳うわ」

   恨み 恨み 恨まれ

   神国に飛び込みたる逆罰
   浅浅と舞う

彼 「いかがなるものか!」

   雷で噛み千切る!

   百八の笛を ひるる ひいるるる~
   六根 六道 三世
   響き出でたる 鐘

   わたくしの唇 震る振りて神体
   ふりふり ふりふり ふりふり

あ~~れ~~~~~~~~~

   一度落ちた魚は苦輪
   輪廻して止まぬ恨みの目
   その背の鰭に突き刺し運河上る
   禍言を叫び 喰い転めきて

   咳き上ぐ者 ただつくづく 神拝している

彼 「やや!そこに在り!」

   背中を炙る 紅蓮の炎にも気付かずに

   呪いの唄 口ずさみて
   女は びっちゃら びっちゃら と泳ぐ
   白き道 縷々と

綴る 地の獄 是より

   天道 彩裂き 照らす
   光に導かれ辿り着いた地ですら苦輪の海
   迷い子は紅蓮に焼かれるも 泳ぐ
   偽りの瑞光を信じながら

小坊主 「我は思う!
    世に一切の衆生が無くなるまで人は!
    憎しみの海 泳いでいくのであろう!」
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
あさきさんに関するWikiです。

貴方は - 人目のあさきストです。