幸せを謳う歌

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  幸せを謳う歌

流れていく弔い灯は風を凪ぎ
空へ消えた

貴方がたてた
赤色の鯉ノボリが空を泳ぐたび
涙霞 途切れぬ糸

外灯に群がる霧雨は無始礦劫
水面に乗せて ひとひら ふたひら
わたし あなた わたし あなた…途切れた色

あの人が好きだったボンボリに赤い灯をともしつづけ
お化粧をする

笑いかたも忘れた…さよなら

待てども待てども帰るはずのない貴方を待つ私は
ひとり…ひとり…

二度とは会えぬと思っていた貴方のぬくもりは
私の中で生きていました
触れることのない泡沫 貴方はああ…知らないでしょうけれど

そう…幸せの終わりに小さな花が咲いていたとして…
私にとってそれが この子 でした



  幸せを謳う歌(神曲)

   流れていく弔いの灯は風を凪ぎ空へ
   水上から流す 幸せを 小さな貴方と

カタカタ 動き始める映写機 カタカタ

   貴方がたてた
   赤色の鯉のぼり 静かに空を泳ぐ
   夕波に交錯してあきつが並ぶ

   穏やかに流れていく波の音 遠く
   深き終の瀞
   涙霞 途切れぬ糸

   外灯に群がる霧雨は無始礦劫
   水面に乗せて ひとひら ふたひら
   わたし あなた わたし あなた
   流れていく散華

   あの人が好きだったぼんぼりに
   赤い灯をともしつづけお化粧をする
   笑いかたも忘れた

   待てども待てども帰るはずのない貴方を待つ私は
   ひとり ひとり

カタカタ カタカタ

   ごらんあれ!歓楽だ!愉快な至楽キネマ!
少女「はやく!はやくー!」
   爺様が貴様に見せてやる
少女「はやく!はーやーくー!見せてー!」
   座り聞け!幸せな女の眩きを!

カタカタ カタカタ

   幸せを謳え

   静かに舞う 緋色の糸

   外灯に群がり連なる影は無始礦劫
   二人の傍らで転ぶ
   「いつまでも続くといいな」
   彼女は言う
   絶え間無き 煌々

   二人で灯した光は赤く
   肝胆相照らし寄り添う影映す

   無言の会釈 揺れる

   小暗がりでも歩くことが出来た 二人で灯せば
   静かに 歪み心任せに吹く

   静かに

   木漏れ日遊ぶ
   枕辺染め 身溶かす
   葉擦れが吹き消した 吐息の音
   折り鶴は木の葉 風に揺れ 傾く
   訪いた 影を延ばしながら

ふぃるむ は逆さに回り
二つの笑みを白黒にして 燃やす

   飛び散る灰は 粘土の様に固まり
   後ろに延びた影に散り敷く

   「幸せになるために」

   描く夢は 淵にまわり溶けて消えた
   送り火揺れて ささめきあう

   静かに

   木漏れ日揺れて 波を作り身運ぶ
   手を握り返してくれませんか
   幸せな顔で寝ているものだから
   波に乗せた言葉がぽろり

   ああ ひとつだけ灯す明かりは瞼に揺れ
   冷たく黙に冴ゆ 歪みながら

   どこまでも続く大路 埋めた木の葉
   歩く音に合わせて軋んだ胸

   埋めた日々を具に見つめて消えた
   「幸せの終わりに小さな花が咲いていたとして
   私にとってそれが この子 でした」

   「二度とは会えぬと思った貴方のぬくもりは
   私の中で ああ 生きていました」
   空を舞う鯉のぼりは歪んでいる

   側に座る白髪の少女が笑む

   カタカタ カタカタ カタカタ
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
あさきさんに関するWikiです。

貴方は - 人目のあさきストです。