#blognavi
大倉工業が売掛債権の流動化による資産圧縮を加速する。百十四銀行は4月27日、同社が保有する約20億円の債権を特別目的会社(SPC)が買い取る形で流動化に参加した。参加行は中国銀行に続き2行目。大倉工業は債権の入金期日前に現金を確保でき、資金繰りが改善。短期借入金の返済などに充て、資産効率を高める。

債権化開始ですね。都銀や証券会社の分野ですが地銀が強い田舎では地銀の役割になりますか。



カテゴリ: [企業] - &trackback- 2006年05月09日 20:18:56
名前: コメント:
#blognavi