#blognavi
日銀の高松、松山、高知の3支店は6日、支店長会議に合わせて四国の金融経済概況をまとめた。景気の基調は「緩やかながら持ち直しの動きが続いている」と4月の前回判断を据え置いたが、生産は「緩やかに回復している」と判断を上方修正した。個人消費は全体として底堅く、設備投資は製造業を中心に回復しているとみている。

 生産は外需関連で建設用クレーンや外航船が、内需では冷凍食品や自動車用部品が好調に推移する。半導体や液晶関連部品でも操業度が高まっているが、衣料用繊維製品などは低操業だ。
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20060706c6b0601u06.html



カテゴリ: [企業] - &trackback- 2006年07月12日 00:28:09
名前: コメント:
#blognavi