#blognavi
大王製紙は14日、米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)から日本での大人用紙おむつ事業を取得したと発表した。買収額は明らかにしていない。買収により大王の大人用紙おむつ市場でのシェアは現在の1割弱から2割弱に上昇。4割程度を握るユニ・チャームに次ぐ2位になる。
 大王は9月1日付でP&Gから、大人用紙おむつ「アテント」の商標権や、明石工場(兵庫県明石市)の生産設備などを引き継ぐ。大王は自社ブランド「テークケア」とP&Gの「アテント」を並行して展開する。合計売上高は年160億円程度になる見込み。
 大王が手掛ける紙おむつ・ナプキンの2006年度売上高は240億円程度だった。大人用紙おむつの品ぞろえを強化し、事業を拡大する。
http://markets.nikkei.co.jp/special/sp012.cfm?id=d1d1404j14&date=20070614



カテゴリ: [企業] - &trackback- 2007年06月18日 10:59:21
名前: コメント:
#blognavi