#blognavi
伊予銀行は26日、千葉、第四、北国、中国の4銀行が進めているシステム共同化に向けた検討会に参加すると発表した。投資信託や保険、客のデータなどを管理する既存の個別サブシステムの共同化や、新規サブシステムの共同開発などの検討に入る。同時に次期基幹系システムの共同化も視野に入れ、調査・研究を進める。

 5行は2008年3月をメドに検討を終え、利点を確認できれば、4月以降、個別サブシステムの共同化を順次進める方針。新規サブシステムの共同開発に加えて、基幹系システムとの連携基盤構築にも着手する。伊予銀は「コスト節減のメリットが大きい」(総合企画部)と説明している。

 次期基幹系システムの共同化も検討する。伊予銀の次回のシステム更新は10年代半ばの見通しだが、共同化の利点や欠点を研究するため、共同化の基礎的調査にも加わる。伊予銀はほかの4行と同じ日本IBMのシステムを利用している。
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20070926c6b2602d26.html

という噂は聞いてたなぁw
郵貯どううごくんだろ


カテゴリ: [企業] - &trackback- 2007年09月30日 21:01:57

#blognavi