※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
四国旅客鉄道(JR四国)が30日発表した2009年3月期の連結決算は最終損益が約102億円の赤字(前の期は約29億円の黒字)だった。昨年秋以降の株価下落で保有株式を減損処理したのに伴い、特別損失118億円を計上したのが響いた。最終損益の赤字転落は7期ぶり。

 売上高は前の期比2%減の537億円だった。マイカーや競合する高速バスなど、割安な交通機関に客を取られた。人件費など営業費用の削減に取り組んだが補えず、営業損益は約79億円の赤字だった。

 経常利益は64%減の10億6000万円。経営安定化基金で運用する債券・株式の運用益が大幅に減少したのが響いた。

 10年3月期の連結業績予想は、売上高が前期比5%減の509億円、最終損益は3億円の黒字を見込んでいる。景気の先行きが不透明なことから、鉄道旅客収入が引き続き減少するとみている。
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20090430c6b3002z30.html


カテゴリ: [企業] - &trackback- 2009年05月06日 18:44:39
名前: コメント:
#blognavi