|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

Here's that Rainy Day / Peter Fessler

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



これはなんだか他のアーティストと「音」が違う。 と思った。

音が生々しいといったらいいのか、とても近いカンジがするのだ。

目の前で演奏されているような臨場感を感じる。

とても心地よい・・・、思わず目をつぶって聞き入ってしまう。

何も考えず、彼の歌だけ聴いていたい。そんな気持ちにさせられる。

ドイツを拠点に活動を続けるPeter Fessler(ピーター・フェスラー)
の超絶的なヴォーカルワークをお試しあれ!

このアルバムはスキャットあり、バラードあり、ジャズあり、なんでもありのスペシャルビュッフェコース。

しかもそのどれもが美味しい! 声の表現力がハンパない。

冬の夜に心に染み入る音楽を、ゆっくり聴きたいときにどうぞ。

今回はアルバムタイトル曲の Here's That Rainy Day とRemembering をお楽しみください。


名前:
コメント:
Welcome To

Nasu Life Blog


Counter

Today -- -

最新の更新



Menu




Tochigi-ken・Nasu付近から
音のススメ/食のススメ/きまぐれ日記
をお送りしてます!


Profile

2001年にNasu付近に移住してきた社会人

オスであり1977生まれである

両親、祖父母、いとこ、いとこの両親、兄弟、全員B型のB型

本年の豊富:[携帯電話を携帯する]

音はJazzフレーバーが好み♪
生音から、ブリブリの打ち込み系までなんでも聴きます。

酒はワインを好む
雪降りましたねぇ