託宣戦争


マバディ島で行われた神聖・聖拝ペガーナの戦争で「マバディの抗争」とも言われる。
この戦争は505~532年まで続くが、ソダー・マイナンの「ミ・デス・アバルの誓い」により調停される。
しかし、両者は互いを破門しあっているために最終的な和解はできなかったが、両者不可侵をもって一応の和解とした。

当時、バリアン神国とリアン法国はペガーナの高僧が統治する国であったが、両国ともマバディ島の両ペガーナ派の存在を快く思っておらず、両派の衰退を狙って無差別な支援を影から行った。
支援は当時、マバティ島に立ち入ることを禁じている練法師操兵を大量に送り込むといったこともしたらしい。