※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ユィノ・アビ・アルタシャール


八聖者?の一人、イーシュナ?が使った<八機神>の一騎。別名<月狼の操兵>。西方で発見され、操手を探すため複製機?アビ・ルーパが製作された。

仮面に宿る意識は女性的。月門呪操兵と同じく、能力は月齢に左右される。

能力を封印することで通常の操兵として振る舞っている他の八機神と違い、正当な操手が現れた際にしか起動しないように設定されていた。

背部に取り付けられた三日月状の飾りは曲刀。指先には鋼線が仕込まれ、練法によって自在に操られる。
工呪会による修復が行われているが、本来の性能の半分ほどにしか達していないらしい。なおこの際に鏡面装甲が付加された。
対「八の聖刻」用の術として、高重力で敵を押し潰す「輝月招来?」を持つ。

黒き僧正の装甲をつけられたことによって獣化?したが、機体?と仮面の格が高いために暴走することはなかった。この時装甲が黒くなったが、鏡面装甲の効力は失われていない。

炎蛇の錫?に取り込まれヴァルダ・カーンとなり、本来の<月の門?>に加え僧正の<火の門?>の練法をも行使したが、聖剣アル・ス・レーテにより浄化され、元の姿に戻った。

「アビ」は「美しい」の意。