パラシュ・バラーハ


聖刻教会聖騎士?ガルン・ストラ?の使用する教会製狩猟機八機神ムゥノ・ヴァシュラ・アヌダーラ複製機?一品物ラグ種の最高峰に位置する機体。ガルンの祖父が当時の法王に賜り、父子三代に渡って使用された。
名は「斧持つ猪」の意。

装備は太刀・小太刀で、ガルンがラドウ・クランド?聖剣プレ・ヴァースキンを授かってからはこれを装備していた。

ルアンムーイの戦い?において聖刻力?を消費し尽くし息絶えるが、その仮面アヌダーラの一部となった。