※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テキストインタプリタ


インタプリタクラス(class Interpreter)でテキストファイルにかかれたイベントを実行する拡張。
この拡張のコマンドは2つのみとなる。
この関数特有のコマンドの書式については
command [引数1][引数2]...
という書式で統一されている。

def

マクロ機能。$[マクロ名]で置換される。

def [msg][101]
$[msg] {メッセージを表示}

read

他のテキストファイルを読み込む。
下記の例は"test.txt"(.txtがなかったら.rxdata)を読み込み実行する。

read [test]

その他の命令

その他の命令はインタプリタクラスのイベントコード参照。
また、その他命令のパラメータ指定は
code {引数1}{引数2}...
101:文章の表示など

ピクチャの表示についてメモ。
  • codeは231
  • 引数は10個 引数1以外は数値
    • 0=ピクチャ番号
    • 1=ファイル名
    • 2=原点
    • 3=指定方法(0=直接,それ以外=変数)
    • 4=x(指定方法が変数の場合は$game_variable[引数4]を代入)
    • 5=y(指定方法が変数の場合は$game_variable[引数5]を代入)
    • 6=X 方向拡大率
    • 7=Y 方向拡大率
    • 8=不透明度
    • 9=ブレンド方法

原点についてはSprite_Picture参照。(0=(0,0) それ以外はそのbitmapの中心)
   # 転送元原点を設定
   if @picture.origin == 0
     self.ox = 0
     self.oy = 0
   else
     self.ox = self.bitmap.width / 2
     self.oy = self.bitmap.height / 2
   end