※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メモ書き。思いついたときに更新。

世界観

  • 剣と魔法の世界。
  • 人種は人間(光の眷属)・魔族(闇)・精霊(四元素)の3種。
  • 魔法:[定義]六元素の力を何らかの形で利用すること。
    • 人間:魔法を直接行使することはできない。(元は光を行使したが現在は術を失っている。光魔法はエンシェントルーン・ロストマジック・失伝魔法などと呼ばれる) 精霊の力が付与された鉱石(魔鉱石)を武具や道具に組み込むことで四元素の力を利用する。また鉱石から四元素の力を抽出して利用する学問/技術のことを指して錬金術という(※厳密な錬金術の定義を知らないのでごまかし)。
    • 精霊:自分の持ってる元素を行使
    • 魔族:闇魔法の他、魔鉱石を利用したり精霊をとっつかまえて使役したり

  • 物語の舞台:国境近くの鉱山を有する工業都市。街中央の鉱山からは貴重な魔鉱石が採掘され、常に隣接国家に狙われている。鉱山夫・商人・各種工房やアカデミー・王国騎士団等の様々な人が集い、また必然的に歓楽街も栄えている。

  • 国:3つ巴くらいに出来たらいいかも。とりあえず絶対王政が盛んな時代ってことで全部王政。
  • 騎士団:王立騎士団の他、各領主や貴族もお抱えの騎士団を所有している。
  • 宗教:教会がある程度の力を持ってる、位の設定。とりあえず本作に宗教色は描写されない。
  • アカデミー:錬金術師協会。本部は首都にあるが、魔鉱石研究のための出張所が置かれている。


人・陣営

  • 主人公:フリーの鍛冶師。人間。(人間と精霊のハーフって設定でも○)

  • 団体
    • 人間
      • 工房A(A国)
      • 工房B(フリー)
      • 研究者:科学的分析のためのサンプル(アカデミー)
      • 魔導師:魔術的分析のためのサンプル―()
      • 王国騎士団:武器の素材・他国の監視(A国)
      • 間者:鉱山の入手(B国)
      • 傭兵:武器の素材入手(フリー)
      • 商人:貴重な鉱物の仕入れ(商会)
      • 勇者:魔族討伐(A国)
    • 魔族
      • 魔族:鉱山の入手
      • 魔王:鉱山の入手
    • 精霊
      • 地霊:鉱山の守護
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|