株式書籍案内@wiki 行動ファイナンス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

行動ファイナンス・相場心理


人はなぜお金で失敗するのか (旧題:賢いはずのあなたがなぜお金で失敗するのか)

【お静かに】株板的お薦め書籍【ご利用ください】


78 :  : 03/05/28 22:18
「賢いはずのあなたが、なぜお金で失敗するのか」
面白かったよ。

378 :  : 03/10/07 02:24
行動ファイナンスでなんかいい本ないですかね?

380 :  : 03/10/07 10:08
>>378
お気楽系なら「マネーの心理学」林康史
堅めの文章(訳文)でもいいのなら「賢いはずのあなたがなぜお金で失敗するのか」

内容はどちらも同じ。前者の方が頭に入りやすいし、安い。

535 :  : 03/11/21 17:38
このスレに出てた「賢いはずのあなたが、なぜお金で失敗するのか」が、
日経ビジネス文庫で650円で売ってたので買ってきました
ちなみに題名が
「人はなぜお金で失敗するのか」
に変わってました

794 :  : 03/12/31 23:02
久しぶりに 真面目に書き込み。行動ファイナンス本だと・・・

    行動ファイナンス 角田康夫
普通の投資家が嵌りやすい心理的な誤りを詳しく解説してある。
実践的かつ学術的な基礎を網羅する超良書。

    市場と感情の経済学 リチャードセイラー
為替や株式市場における具体的なアノマリーとその成因を解説している。
が、内容は散漫で読みにくく まとまりに欠ける印象。上書に劣る。

    最強のファイナンス理論 真壁昭夫
行動ファイナンスの入門書を標榜しているが、その通りの内容。
初めてこの分野を齧るなら悪くないが、他所を読んだ人間には物足りないはず。

    行動ファイナンス ヨアヒム ゴールドベルグ
職業人を強く意識した内容で専門的な記述を含み、日々のトレーディングへの考察も述べられている。
一部はテクニカル的な方向への延長が見られる。専門書というより指南書?

    マーケットはなぜ間違えるのか 田中泰輔
行動ファイナンス系に分類されているが 内容はテクニカルな解説書と同じ方向。
行動ファイナンス的な内容は表層に限られる。実践的と見るか世俗的と見るか。

    金融バブルの経済学 A・シュレイファー
行動ファイナンスの定番教科書。著者が著者だけに学術的で基礎知識が要求される。
内容は市場の理論的な分析やモデル化に割かれており、分かる人間にだけ役に立つ本。

    賢いはずのあなたが、なぜお金で失敗するのか ゲーリー ベルスキー
行動ファイナンスの内容を生活の中での具体的な事例を通して解説している。
平凡なハウツー物より はるかにトレーディングに役に立つ。文庫版も出た。

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART2】


123 :122 : 04/01/11 13:06
>>12
>「賢いはずのあなたが、なぜお金で失敗するのか」 ゲーリー ベルスキー
「人はなぜお金で失敗するのか」というタイトルで文庫化しています。
これもお勧めです。

524 名前:  :04/05/03 14:49 ID:kaGQqp2A
長期投資に、お勧めな書籍を教えてください。
投資資金予定は3000万円です。
分散投資で、今は株価が高いので、今の内に勉強して
タイミングを見て購入したいと思います。
是非宜しくお願いします。

525 :  : 04/05/03 15:51 ID:rODWyP4n
>>524
  まったくの初心者なら「「ウォール街のランダムウォーカー」「シーゲル博士の株式長期投資のすすめ」辺りから読み始めるのがよろし。
  日本人のものなら「投資戦略の発想法—ゆっくり確実に金持ちになろう」とか「株式投資これだけはやってはいけない」は読んでおけ。
  東保裕之の本は長期向けの内容じゃないが 参考になることが多いはず。
  後はお好みに合わせて 読み足すべし。
  長期派なら行動ファイナンス系の本は一冊読んでおいた方がいいよ。
  はじめの一冊ならオススメは「人はなぜお金で失敗するのか」(ゲーリー ベルスキー)かな。

526 名前:  :04/05/03 20:12 ID:NpvTOT3i
>>524
「マネーマスターズ列伝」もいい。
内容は長期投資家向けの「マーケットの魔術師」的なもの。(インタビュー形式ではないが)
これを読んで自分に合いそうな著名投資家を探してみるのもいいかも。

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART7】


68 : ◆SugAreeAes : 2005/06/29(水) 02:34:34 ID:8VHdOTdw
人はなぜお金で失敗するのか?
http://www.nikkei-bookdirect.com/bookdirect/item.php?did=19197
コレって行動ファイナンスの本ですよね?

> インデックスファンドに投資する。
同様の主張が何回も何回も出てくるんですが・・・
結局のところ、市場が効率的であろうがなかろうが、
同じ結論に帰結するのですね。(w


【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART8】


379 名前:山師さん :2005/11/18(金) 10:09:48 ID:WaoL2NuQ
行動ファイナンスの本で一番最初に読むのには良いと思ふ

人はなぜお金で失敗するのか 日経ビジネス文庫 
人生と投資のパズル       文春新書      

両方とも文庫本なんで安いし、入門の入門の方に。

↓は参考になるよ。
http://bk.xrea.jp/

380 名前:山師さん :2005/11/18(金) 10:25:43 ID:7OoqcvRQ
>>379
「人生と投資のパズル」は完全に題名で失敗していると思う。
まさか行動ファイナンスの本だとは思わないもの。
でも「人はなぜお金で失敗するのか」があれば要らない気もする。

オレは全然知らずになんとなく「人生と投資のパズル」を読んで
そんでもって「行動ファイナンス」に興味を持って「人はなぜお金で失敗するのか」を読んだ。
そっち先に読んでたら「人生と投資のパズル」は立ち読みだたかも。

でもさおだけ屋よりも得るところのあった本なので
本当に題名で損をしているのがかわいそうだわ>人生

384 名前:山師さん :2005/11/18(金) 21:56:59 ID:G6Y+QoHU
>380
人はなぜ〜 は効率的市場仮説より。
人生と〜 はその逆。

対比して読むと面白い。

592 名前:山師さん :2005/12/05(月) 20:37:44 ID:tnLowPjk
>>590
読んでおいて損がないっていうなら
「生き残りのディーリング」は持っていて損はない。
いずれ分かる時がくる。その時まで生き延びろ。
「ウォール街のランダムウォーカー」も絶対に嫁。
反感を覚えるかもしらんが それが現実だ。だが絶対的な真実ではない(はず)。
あと 行動ファイナンスの本を一冊読んでおいた方が良い。
気がつかない落とし穴に気づくようになるはずだ。
「人はなぜお金で失敗するのか」は良い本だが そこで満足するな。
角田康夫ヨアヒム・ゴールドベルグのテキストまで嫁。
ただし「行動ファイナンス〈2〉例題と用語集で読み解く非合理の謎」は糞だから絶対に買うな。
ココに出ていない本だと「図解でわかる ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて」がオススメ
ランダムウォークの本でも行動ファイナンスの本でもない(!!)が 読めば得るものが必ずある。


投資の行動心理学

The Investor's Quotient (原書)

著者:ジェイク・バーンスタイン 翻訳:青木 俊郎

【洋書?】先物の良書【和書?】


83 名前:名無しさん@大変な事がおきました :03/09/23 11:46 ID:5P/0os49
投資苑そんなにいいかなあ?おれは最初に読むなら
The Investor's Quotient (Bernstein)
を薦める。手法以前に大切なことが書いてある。
英語だが結構読みやすい、むしろ日本語になってない
訳書より読みやすいかも知れない。

409 :名無しさん@大変な事がおきました : 03/12/21 20:38 ID:eiSSq762
今バーンスタインの
「投資の行動心理学」を読んでる。
心理学のところは正直難しいぽ。

【お静かに】株板的お薦め書籍【ご利用ください】


795 :  : 03/12/31 23:54
オレは大御所ジェイク・バーンスタインの「投資の行動心理学」が良いと思う

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART3】


551 :山師さん : 04/08/13 08:05 ID:z+RUYzwp
初めてこのスレ見ました。
個人的には「投資の行動心理学」ジェイク・バーンスタイン著 東洋経済新聞社刊がお勧めです。
買いサイン、売りサインを忠実に守ることの大切さが良くわかります。


887 :山師さん : 04/10/02 05:38:26 ID:8rbYOwht
>>551
買いました。僕は目から鱗が落ちまくりです。
皆さんはどうでした?
買ってる人にはあんまりピンと来ないのかな?

890 :山師さん : 04/10/02 15:24:28 ID:/cNo3SX/
>887
バーンスタインの心理本、ゾーンに比べたらかなり駄本。

892 :山師さん : 04/10/02 19:08:59 ID:gkhYCRQd
心理関連の本って意見が分かれてるね。ゾーンは電波本と言う人
と絶賛する人に分かれてるような。俺は良く分からんかった。魔術師
たちの心理学も同じような感じ。

【洋書?】先物の良書 2冊目【和書?】


77 :名無しさん@大変な事がおきました : 04/11/21 15:13:55 ID:EN2DCp5v
>>75 >>76
「といってみるテスト」と冗談めかしながら、実はギャンブルトレードから
足を洗えない奴らだな。
そんな人には、バーンスタインの「投資の行動心理学」で自己鍛錬。

図説 マネーの心理学―「儲かる側」の人になる

著者:マネー&ライフ研究会 編集:林 康史

【お静かに】株板的お薦め書籍【ご利用ください】


378 :  : 03/10/07 02:24
行動ファイナンスでなんかいい本ないですかね?

380 :  : 03/10/07 10:08
>>378
お気楽系なら「マネーの心理学」林康史
堅めの文章(訳文)でもいいのなら「賢いはずのあなたがなぜお金で失敗するのか」

内容はどちらも同じ。前者の方が頭に入りやすいし、安い。

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART6】


753 :山師さん : 2005/05/24(火) 09:19:52 ID:o/gxE3cz
「マネーの心理学」林康史(三笠書房)を読んだ。
薄くて大判で1500円以下で糞本スクリーニングではねられるべき本なのだけど、なかなかの良書だった。
ゾーンや行動ファイナンスを入門者向けに分かりやすく書き直したような印象。

卑近な例に引き直し日常用語で説明した後で、改めてファイナンス用語できちんと説明し直すことで、
誤解なく理解できるように狙って書かれている。
(そんなもん必要ねーよというスレ住人には冗長なだけだと思う)

「「儲かる側」の人になる」とか糞本にありがちな煽りが付いているので、まともな本に見えないのが残念なところ。
マトモな本を求める人は手に取らないだろうし、お手軽本(糞本)を求める人は中身を見て期待はずれと感じて返すだろうし、イマイチ売れなさそう。

行動ファイナンス―金融市場と投資家心理のパズル

行動ファイナンス2―例題と用語集で読み解く非合理の謎

著者:角田 康夫

【お静かに】株板的お薦め書籍【ご利用ください】


794 :  : 03/12/31 23:02
※レスの内容はこちらです。

796 名前:  :04/01/01 10:16
>>794
  行動ファイナンスの本って玉石混交だからな。
  「マーケットはなぜ間違えるか」は出来が悪いし、テクニカル本の親戚にしか見えん。
  一部の連中が褒め称える理由が理解できん。絶版になってるが 古本屋をあさる価値もない。

  この手の本なら角田康夫の「行動ファイナンス」一冊で十分だろ。
  薄い割に値段は高いが内容は濃い。漏れも一読の価値アリと見るが。

801 :へ ◆6xHIBuzncY : 04/01/01 14:45
【トレーディング・システム開発関連書籍(2/3)】
* 行動ファイナンス, 角田 康夫
お勧め度:★★★★☆
難易度:B(普通)
  投資における、行動ファイナンスについての入門書としては最適な一冊。理論の説明、
実証研究、実際への投資の適用が網羅されている。平易な言葉で解説されているので、と
っつきやすい。システムによる運用は、行動ファイナンスと無縁に思う方もいるかもしれ
ないが、システムを開発するのは人間(=自分)であり、運用するのも自分である。いか
に検証しても、損を目の当たりにすれば自分のシステムへの確信がゆらいでいく。そうし
た状況下で、自分を冷静な目で振り返るためにも是非読んでおきたい。

行動ファイナンス—市場の非合理性を解き明かす新しい金融理論, ヨアヒム・ゴールドベルグ
お勧め度:★★★☆☆
難易度:B(普通)
  多彩な事例から、投資家の非合理的な行動とはどのようなものがあるのか?そのメカニ
ズムは?という点について、理論と実践の両面からわかりやすく書かれている。訳が硬め
なので、日本語としては読みにくい部分があるのが残念。

市場のアノマリーと行動ファイナンス, 城下 賢吾
お勧め度:★★★☆☆
難易度:A(難)
  市場のアノマリーを実証的に検証し、それを行動ファイナンスの立場から説明している。
玉石混淆な行動ファイナンスの書籍の中にあって、十分な学問的背景をもっているので安
心して読める良書である。

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART2】


134 :  : 04/01/11 21:22
  テンプレにある本だと、ピーターバーンスタインの3冊「リスク」「ゴールド」「証券投資の思想革命」はオモロいな。
  個人的には効率的市場仮説なんて信じられないのだが、「証券投資の思想革命」が一番面白いと思う。

  こんな本を書ける奴は日本にはいないんだろうか。
  日本人が書いた投資の良書って、自信がもてるのは角田康夫の「行動ファイナンス」しか思いつかん。


【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART8】


592 名前:山師さん :2005/12/05(月) 20:37:44 ID:tnLowPjk
>>590
読んでおいて損がないっていうなら
「生き残りのディーリング」は持っていて損はない。
いずれ分かる時がくる。その時まで生き延びろ。
「ウォール街のランダムウォーカー」も絶対に嫁。
反感を覚えるかもしらんが それが現実だ。だが絶対的な真実ではない(はず)。
あと 行動ファイナンスの本を一冊読んでおいた方が良い。
気がつかない落とし穴に気づくようになるはずだ。
「人はなぜお金で失敗するのか」は良い本だが そこで満足するな。
角田康夫かヨアヒム・ゴールドベルグのテキストまで嫁。
ただし 「行動ファイナンス〈2〉例題と用語集で読み解く非合理の謎」は糞だから絶対に買うな。
ココに出ていない本だと「図解でわかる ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて」がオススメ
ランダムウォークの本でも行動ファイナンスの本でもない(!!)が 読めば得るものが必ずある。


ゾーン ― 「勝つ」相場心理学入門

著者:マーク・ダグラス 翻訳:世良 敬明

【お静かに】株板的お薦め書籍【ご利用ください】


388 :   : 03/10/08 00:37
あんまり教えたくないが、「マークダグラス」の「ゾーン」。
相場心理学の本で、ちょっとくどいが、これを読んで少々の値下がりなど
へでもなくなった。

585 : : 03/12/02 08:54
ウリのお気に入りも紹介しとくよ。(;´Д`)

『バブル学 Bubbleology』ケビン・ハセット
  多くの論文を筋道立てて述べられてる。不確実性とリスクの違いという
  概念は新しい知見を得られる。相場心理の本。 おすすめ度☆☆

『相場の心理学』ラース・トゥヴェーデ ダイヤモンド社
  著者の幅広い知識や調査に感動する。豆知識いっぱいの本。
  相場参加者の心理とチャートの関係をうまく説明してる。
  途中難解な章があるが、それを越えるとおもしろい。
  「ウォール街のランダム・・・」に疑問をもったら是非。
  おすすめ度☆☆☆

『ゾーン 相場心理学入門』 マーク・ダグラス Pan Rolling社
  根本的真実と一貫性の信念は印刷して目の前に貼ってあります。
  おすすめ度☆☆

『ボリンジャーバンド入門』 ジョン・ボリンジャー Pan Rolling
愛読者も多いと思いますので、説明なし。
  おすすめ度☆☆

【洋書?】先物の良書【和書?】


682 :名無しさん@大変な事がおきました : 04/04/01 05:51 ID:nrS11yKa
『ゾーン』って思い込みが烈しすぎないか?心理学、と副題にあるけど、
大学で心理学を一通りやった俺から見ると、この本で述べられているトラウマの例とかは、
社会科学的に「誤謬」に近い類であり、心理「学」とは到底いえない。
著者のプロフィールをみても、まともに心理学を勉強した形跡はない。
あえていえば、トレードの経験の深い著者が当時流行った浅はかなAC説に関する一般書
を読んで、自分の心理状態を連想を絡めながら叙述した本、
というべきだろう。
読み物としては共感する読者も多いと思われるので面白いかもしれないが、エルダー博士
の本よりはかなりレベルが低い。

683 :名無しさん@大変な事がおきました : 04/04/01 17:29 ID:n234RVgq
>>682
心理学的にはどうか知らんが、エルダーの本ではさらっと触れられているだけの
熟練トレーダーの心理について詳しく書かれているのがおもしろかった。
言ってる事も確率に基づいてトレードすることを強調しているマトモな内容だし。
俺は参考になったな。

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART3】


87 :山師さん : 04/06/15 11:20 ID:XvdQzJ25
パン○ーディングの
ゾーン相場心理学入門なんて本買ったが
電波本かこれ?

88 :山師さん : 04/06/15 12:46 ID:Ve0R7tQA
>>87
投資家の姿勢として学んでおくべきことが書いてある気がしなくもない。
精神世界っぽい本であるのは確かですな。

890 :山師さん : 04/10/02 15:24:28 ID:/cNo3SX/
>887
バーンスタインの心理本、ゾーンに比べたらかなり駄本。

892 :山師さん : 04/10/02 19:08:59 ID:gkhYCRQd
心理関連の本って意見が分かれてるね。ゾーンは電波本と言う人
と絶賛する人に分かれてるような。俺は良く分からんかった。魔術師
たちの心理学も同じような感じ。

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART6】


152 :山師さん : 2005/04/21(木) 23:34:16 ID:OdIPp5On
資金管理について何かおすすめの本あったら教えてくらはい

153 :山師さん : 2005/04/21(木) 23:41:37 ID:rUY7JA/G
投資苑とゾーン。リスクの心理学も。

【洋書?】先物の良書 2冊目【和書?】


359 :名無しさん@大変な事がおきました :2005/08/27(土) 16:05:28 ID:eAQ1H6w2
連投スマソ
ゾーン — 「勝つ」相場心理学入門 ってどうよ?


軽く立ち読みしたら良さそげだったが、読んだ人いたら感想キボンヌ

362 :名無しさん@大変な事がおきました :2005/08/27(土) 20:13:21 ID:wOAUgIT0
>359
とんでもなところもある感じもするがトレードを確率で考えるようになれるという点では
いい本だべ。

364 :名無しさん@大変な事がおきました :2005/08/28(日) 13:58:48 ID:2bE/IwF4
投資苑とゾーンはお勧めです
テクニカルに関する本はたくさんあるけど
資金管理とメンタルに関する良書は少ない
この2冊はマジお勧め


369 :名無しさん@大変な事がおきました :2005/09/01(木) 17:59:44 ID:PJlC1MgB
>>359
いい本だけど
(訳者も指摘してるように)
言い回しがくどかったりわかりにくかったり
するので腰据えて読んだほうがいいよ。

373 :名無しさん@大変な事がおきました :2005/09/04(日) 14:24:36 ID:WGKs3Uxx
>>364
それは確かにいいな。

あとタイトルがなんだけお、「株はチャートでわかる」
先物やってるやつにはお得な本だぞぞ

【私語厳禁】 株板的お薦め書籍 【PART13】


63 :山師さん :2006/05/05(金) 15:36:38.66 ID:Lx9H/qCG
「ゾーン」にやたらと出てくるフォースという言葉。
辞書だと力・勢力ってなってるけど、何かピンとこなくてもにょもにょする。
どういう日本語あるいはイメージで捉えれば理解しやすいですか?

64 :山師さん :2006/05/05(金) 15:44:17.57 ID:IacySDTw
>>63
May the Force be with you.

65 :山師さん :2006/05/05(金) 15:55:32.64 ID:Lx9H/qCG
フォースの守りあれ。
フォースと共にあらんことを。


66 :山師さん :2006/05/05(金) 15:56:30.85 ID:qCk8svEk
>>63


考えるんじゃね-よ感じるんだよ

70 :山師さん :2006/05/05(金) 16:28:36.91 ID:XEjh2uL9
>>63

理力

オビワンが言ってたから間違い無い。

72 :山師さん :2006/05/05(金) 16:34:40.72 ID:uU+7vZ6y
>>63
ふいんき

74 :山師さん :2006/05/05(金) 21:37:21.21 ID:8x/66eYg
>>63 フォース
 ,、i`ヽ                        ,r‐'ァ
 `ヽ::                      ::´
   ヽ ヽ        , -‐--、         / /
    ヽ \      I:::::::I_      _ / /
     ヽ  ヽ    i, (;;;ノI、;;;)l    ,,/  , '
      ヽ  ` ー 、.,,ゝ´ヮ`,ノュ_, - '   r'
        ` 、_ /::: `山':::::    /
         ヽ:::::::::::|::::::::"",r‐'
          〉::::::::|::::::::::¨/
         /;;;;;;;/;;;;;;;;;;/
        /;;;;;;;/:::::::::::《
     (( <;;;;;;;《:::::::::::::ヽ   ))
      /   ヽI,r''"""^~ヽ
     /   ,/ ヽ    ヽ



75 :63:2006/05/05(金) 23:14:59.22 ID:Lx9H/qCG
本当にありがとうございました。

市場と感情の経済学―「勝者の呪い」はなぜ起こるのか

著者:リチャード・H・セイラー 翻訳:篠原 勝

【お静かに】株板的お薦め書籍【ご利用ください】


794 :  : 03/12/31 23:02
※レスの内容はこちらです。

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART2】


160 :  : 04/01/13 20:55
>>154
>>156
 アリガトン
  「市場と感情の経済学—「勝者の呪い」はなぜ起こるのか」って奴を探してるんですが、アマゾンでは法外な値段でしか出物がないし >>156のサイトでも在庫がないようです。
  色々な本で参考文献に挙がっているんで 読んでみたかったんですが。
  とりあえず別な本を読んでおきます。

162 :  : 04/01/13 21:35
>>160
  持ってるから言うが 少なくとも6000円の価値は絶対にない。
  独特の視点はあるけど この本自体研究論文の列挙が多いから。 
  アマゾンに1500円くらいで指値入れとけ。

163 :__ : 04/01/13 22:07
>>160
同じ著者がこの本の6章を書いていますが、この本で代用できないのかな。
ttp://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=9784916106605
でも、この本では、たぶん利益は出せませんね。
本の価値は人や目的によってそれぞれだから、6000円の価値がないなんて、他人の言うことではない。
だれひとりとして同じ人間がいないのに、万人に通用する聖杯なんてあるわけない。
投資本ほど、人の評価が当てにならないものはないと、僕は思う。

166 :162 : 04/01/14 08:22
>>163
  言い過ぎだった、スマソ。
  「投資の巨匠たち」は書く人物の考え方の概略が触れられているだけなので、行動ファイナンスのエッセンスには踏み込んでいないよ。
  本自体はとてもいい本だし、「証券投資の思想革命」を簡略にした感じで好感を持ってるけど。
  「市場と感情の経済学—「勝者の呪い」はなぜ起こるのか」に近いのだと、「行動ファイナンス」角田康夫(著)か「市場のアノマリーと行動ファイナンス」城下賢吾(著)あたりかと思う。

最強のファイナンス理論―心理学が解くマーケットの謎

著者:真壁 昭夫

【お静かに】株板的お薦め書籍【ご利用ください】


794 :  : 03/12/31 23:02
※レスの内容はこちらです。

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART7】


129 :山師さん : 2005/07/10(日) 17:50:43 ID:91CwE+cG
「最強のファイナンス理論」
「ゼロからわかる個人投資」
真壁昭夫著
講談社現代新書

それほど役に立たないと思うが新書で安い。
でも、いまいちだな。


行動ファイナンス―市場の非合理性を解き明かす新しい金融理論

著者:ヨアヒム・ゴールドベルグリュディガー・フォン・ニーチュ 翻訳:行動ファイナンス研究会

【お静かに】株板的お薦め書籍【ご利用ください】


794 :  : 03/12/31 23:02
※レスの内容はこちらです。

801 :へ ◆6xHIBuzncY : 04/01/01 14:45
【トレーディング・システム開発関連書籍(2/3)】
行動ファイナンス, 角田 康夫
お勧め度:★★★★☆
難易度:B(普通)
  投資における、行動ファイナンスについての入門書としては最適な一冊。理論の説明、
実証研究、実際への投資の適用が網羅されている。平易な言葉で解説されているので、と
っつきやすい。システムによる運用は、行動ファイナンスと無縁に思う方もいるかもしれ
ないが、システムを開発するのは人間(=自分)であり、運用するのも自分である。いか
に検証しても、損を目の当たりにすれば自分のシステムへの確信がゆらいでいく。そうし
た状況下で、自分を冷静な目で振り返るためにも是非読んでおきたい。

* 行動ファイナンス—市場の非合理性を解き明かす新しい金融理論, ヨアヒム・ゴールドベルグ
お勧め度:★★★☆☆
難易度:B(普通)
  多彩な事例から、投資家の非合理的な行動とはどのようなものがあるのか?そのメカニ
ズムは?という点について、理論と実践の両面からわかりやすく書かれている。訳が硬め
なので、日本語としては読みにくい部分があるのが残念。

市場のアノマリーと行動ファイナンス, 城下 賢吾
お勧め度:★★★☆☆
難易度:A(難)
  市場のアノマリーを実証的に検証し、それを行動ファイナンスの立場から説明している。
玉石混淆な行動ファイナンスの書籍の中にあって、十分な学問的背景をもっているので安
心して読める良書である。

金融・為替・商品 マーケットはなぜ間違えるのか―揺れる相場の情報行動学

著者:田中 泰輔

【お静かに】株板的お薦め書籍【ご利用ください】


794 :  : 03/12/31 23:02
※レスの内容はこちらです。

796 名前:  :04/01/01 10:16
>>794
  行動ファイナンスの本って玉石混交だからな。
  「マーケットはなぜ間違えるか」は出来が悪いし、テクニカル本の親戚にしか見えん。
  一部の連中が褒め称える理由が理解できん。絶版になってるが 古本屋をあさる価値もない。

  この手の本なら角田康夫の「行動ファイナンス」一冊で十分だろ。
  薄い割に値段は高いが内容は濃い。漏れも一読の価値アリと見るが。

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART3】


595 :山師さん : 04/08/29 22:48 ID:7n86wUE9
    「マーケットはなぜ間違えるのか」田中泰輔(著)
  絶版以来ずっと探していた本がやっと見つかったので、早速読破。
  色々な本で絶賛されているけど 確かに面白い。
  マーケットを動かす力を行動ファイナンス的に考察していく過程には、筆者の実践者としての経験と問題意識を感じる。
  テクニカル分析への拡張には物足りなさが残るが、それ以外は満腹感のある一冊。
  入手困難な絶版書だが 探してみる価値はある。

金融バブルの経済学―行動ファイナンス入門

著者:A・シュレイファー 翻訳:兼広 崇明

【お静かに】株板的お薦め書籍【ご利用ください】


794 :  : 03/12/31 23:02
※レスの内容はこちらです。

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART2】


300 :  : 04/03/13 02:26 ID:YqG+1isD
>>298

  初級編なら「行動ファイナンス」(角田康夫)が分かりやすくまとまっているが>>295と重複した内容が多い。
  もっと砕けた内容なら「人はなぜお金で失敗するのか」(ゲーリー ベルスキー)が定番かも。

  もうちょっと進んだ内容がわかりやすくかかれているのだと、「心理学が描くリスクの世界」(広田すみれ)あたりがいいんでは。
  行動ファイナンスだけでなく、意思決定やリスク知覚の問題も 丁寧に書かれているよ。
  あと最近出た本だが「行動経済学入門」(多田洋介)もいいんじゃない。

  更に高度な内容を求めるなら「金融バブルの経済学」(A シュレイファー)がいいんじゃないかと。
  でも 書かれている分野には偏りがあるから気をつけてね。

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART8】


796 名前:山師さん :2005/12/19(月) 22:00:05 ID:DTvRsL4K
「金融バブルの経済学—行動ファイナンス入門」A. シュレイファー(著)って まだこのスレで出てなくね。
原著は良いのに 翻訳が驚くほどの出来。コンピューターの方がいい訳つけるんでないの。

【私語厳禁】 株板的お薦め書籍 【PART13】


203 :山師さん :2006/05/11(木) 23:24:36.06 ID:EgboHpHN
金融バブルの経済学—行動ファイナンス入門
A・シュレイファー著 兼高崇明訳

副題に入門と書いてあるが、全然入門じゃないよくあるケース。
タイトルに騙されて最初に読む本ではない。
内容はアカデミックに過熱相場は何故起こるのか、
過熱相場で儲けるのは誰なのかを主題にして、幾つかのモデルを使って説明を試みている

他の行動ファイナンス本ではイマイチEMHを打ち負かすには
理論面で弱いなと思った人にはいいかも

過去ログで訳が酷いことも言ってたけど、思った程でもなかった


市場のアノマリーと行動ファイナンス

著者:城下 賢吾

【お静かに】株板的お薦め書籍【ご利用ください】


801 :へ ◆6xHIBuzncY : 04/01/01 14:45
【トレーディング・システム開発関連書籍(2/3)】
行動ファイナンス, 角田 康夫
お勧め度:★★★★☆
難易度:B(普通)
  投資における、行動ファイナンスについての入門書としては最適な一冊。理論の説明、
実証研究、実際への投資の適用が網羅されている。平易な言葉で解説されているので、と
っつきやすい。システムによる運用は、行動ファイナンスと無縁に思う方もいるかもしれ
ないが、システムを開発するのは人間(=自分)であり、運用するのも自分である。いか
に検証しても、損を目の当たりにすれば自分のシステムへの確信がゆらいでいく。そうし
た状況下で、自分を冷静な目で振り返るためにも是非読んでおきたい。

行動ファイナンス—市場の非合理性を解き明かす新しい金融理論, ヨアヒム・ゴールドベルグ
お勧め度:★★★☆☆
難易度:B(普通)
  多彩な事例から、投資家の非合理的な行動とはどのようなものがあるのか?そのメカニ
ズムは?という点について、理論と実践の両面からわかりやすく書かれている。訳が硬め
なので、日本語としては読みにくい部分があるのが残念。

* 市場のアノマリーと行動ファイナンス, 城下 賢吾
お勧め度:★★★☆☆
難易度:A(難)
  市場のアノマリーを実証的に検証し、それを行動ファイナンスの立場から説明している。
玉石混淆な行動ファイナンスの書籍の中にあって、十分な学問的背景をもっているので安
心して読める良書である。

株式市場のマイクロストラクチャー―株価形成メカニズムの経済分析

【お静かに】株板的お薦め書籍【ご利用ください】


802 :へ ◆6xHIBuzncY : 04/01/01 14:46
【トレーディング・システム開発関連書籍(3/3)】
* 株式市場のマイクロストラクチャー, 大村 敬一 et al.
お勧め度:★★★★☆
難易度:A(難)
  市場制度と株価形成のメカニズムに関する実証分析。市場において株価がどのように形
成されているか、という課題について、株式市場の制度上の特徴に焦点をあてている。市
場制度によるアノマリーに対する理解を深める上で非常に有用な書である。豊富な参考文
献も非常に有用である。システム開発の際にはぜひ一読をお勧めする。内容のレベルはか
なり高い。専門的かつ挑戦的な内容で経済学的な背景知識がある程度必要である。

売買システム入門, トゥーシャー シャンデ
お勧め度:★☆☆☆☆
難易度:C(易)
  トレーディング・システムの評価・検証方法についての解説書。実例を元に詳しく解説
されている。既存のテクニカル分析を題材にしているので理解も容易だと思われる。シス
テムの評価・検証は、トレーディング・システム開発の肝なので、工学的な検証プロセス
になじみのない人は、読んだほうがいいかもしれない。

人生と投資のパズル

著者:角田 康夫

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART2】


293 :  : 04/03/07 18:56 ID:CZySxIw2
   「人生と投資のパズル」角田康夫
名著「行動ファイナンス・金融市場と投資家心理のパズル」の筆者による最新刊。
内容は前著とほとんど同じだが内容は分かりやすく、一部は実例が加えて説明されている。
バイアスと実践的な対処法は以前はわずかに触れられているだけだったが、今回は大きくページを取っている。
全体としてよくまとまっており、行動ファイナンスの入り口を秩序だって説明してあり好印象。
同系列の新書では真壁昭夫の「最強のファイナンス理論」があるが、内容の深さもまとまりも「人生と投資のパズル」の方が数段上。
この分野の入門書として新しい定番となるのではないか。
★★★★☆

294 :  : 04/03/07 20:34 ID:uuz3GNGz
>>293
ご本人の宣伝ですか?

295 :  : 04/03/07 20:44 ID:CZySxIw2
>>294
  ちがうよ。
  行動ファイナンスに興味があれば 最初に読むには良い本だよ。
  ほかに何冊か読んでるつわものにはオススメしないけど。

296 :  : 04/03/09 18:41 ID:i7lYEqII
>>295
  読んでみたけど、ベタ誉めするほどのインパクトは無いかも・・・
  安くて読みやすいのは買うけど、本格的に投資している人間なら専門書を読んだ方がいい。

298 :  : 04/03/11 22:56 ID:WiYDN18F
>>295
俺も読んでみて、さらに行動ファイナンスに興味持ったんだけど
この分野の専門書紹介してチョ。

300 :  : 04/03/13 02:26 ID:YqG+1isD
>>298

  初級編なら「行動ファイナンス」(角田康夫)が分かりやすくまとまっているが>>295と重複した内容が多い。
  もっと砕けた内容なら「人はなぜお金で失敗するのか」(ゲーリー ベルスキー)が定番かも。

  もうちょっと進んだ内容がわかりやすくかかれているのだと、「心理学が描くリスクの世界」(広田すみれ)あたりがいいんでは。
  行動ファイナンスだけでなく、意思決定やリスク知覚の問題も 丁寧に書かれているよ。
  あと最近出た本だが「行動経済学入門」(多田洋介)もいいんじゃない。

  更に高度な内容を求めるなら「金融バブルの経済学」(A シュレイファー)がいいんじゃないかと。
  でも 書かれている分野には偏りがあるから気をつけてね。

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART6】


690 :山師さん : 2005/05/21(土) 10:06:54 ID:+jxkTT+2
そこで行動ファイナンスですよ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4166603671/
人生と投資のパズル 文春新書
角田 康夫 (著)

このタイトルで行動ファイナンスの入門書だとは思わなかった。

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART8】


379 名前:山師さん :2005/11/18(金) 10:09:48 ID:WaoL2NuQ
行動ファイナンスの本で一番最初に読むのには良いと思ふ

人はなぜお金で失敗するのか 日経ビジネス文庫 
人生と投資のパズル       文春新書      

両方とも文庫本なんで安いし、入門の入門の方に。

↓は参考になるよ。
http://bk.xrea.jp/

380 名前:山師さん :2005/11/18(金) 10:25:43 ID:7OoqcvRQ
>>379
「人生と投資のパズル」は完全に題名で失敗していると思う。
まさか行動ファイナンスの本だとは思わないもの。
でも「人はなぜお金で失敗するのか」があれば要らない気もする。

オレは全然知らずになんとなく「人生と投資のパズル」を読んで
そんでもって「行動ファイナンス」に興味を持って「人はなぜお金で失敗するのか」を読んだ。
そっち先に読んでたら「人生と投資のパズル」は立ち読みだたかも。

でもさおだけ屋よりも得るところのあった本なので
本当に題名で損をしているのがかわいそうだわ>人生

384 名前:山師さん :2005/11/18(金) 21:56:59 ID:G6Y+QoHU
>380
人はなぜ〜 は効率的市場仮説より。
人生と〜 はその逆。

対比して読むと面白い。

心理学が描くリスクの世界―行動的意思決定入門

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART2】


300 :  : 04/03/13 02:26 ID:YqG+1isD
>>298

  初級編なら「行動ファイナンス」(角田康夫)が分かりやすくまとまっているが>>295と重複した内容が多い。
  もっと砕けた内容なら「人はなぜお金で失敗するのか」(ゲーリー ベルスキー)が定番かも。

  もうちょっと進んだ内容がわかりやすくかかれているのだと、「心理学が描くリスクの世界」(広田すみれ)あたりがいいんでは。
  行動ファイナンスだけでなく、意思決定やリスク知覚の問題も 丁寧に書かれているよ。
  あと最近出た本だが「行動経済学入門」(多田洋介)もいいんじゃない。

  更に高度な内容を求めるなら「金融バブルの経済学」(A シュレイファー)がいいんじゃないかと。
  でも 書かれている分野には偏りがあるから気をつけてね。

行動経済学入門

著者:多田 洋介

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART2】


300 :  : 04/03/13 02:26 ID:YqG+1isD
>>298

  初級編なら「行動ファイナンス」(角田康夫)が分かりやすくまとまっているが>>295と重複した内容が多い。
  もっと砕けた内容なら「人はなぜお金で失敗するのか」(ゲーリー ベルスキー)が定番かも。

  もうちょっと進んだ内容がわかりやすくかかれているのだと、「心理学が描くリスクの世界」(広田すみれ)あたりがいいんでは。
  行動ファイナンスだけでなく、意思決定やリスク知覚の問題も 丁寧に書かれているよ。
  あと最近出た本だが「行動経済学入門」(多田洋介)もいいんじゃない。

  更に高度な内容を求めるなら「金融バブルの経済学」(A シュレイファー)がいいんじゃないかと。
  でも 書かれている分野には偏りがあるから気をつけてね。

303 :  : 04/03/13 21:26 ID:kPg7aD8U
>>300
「行動経済学入門」、近所の本屋で見かけたよ。
著者の多田洋介氏って 1973年生まれって見てちょっとショック。
漏れより年下なんだ・・・・

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART3】


764 :山師さん : 04/09/18 17:08:19 ID:B78YPo30
出版社名 日本経済新聞社
書籍名 行動経済学入門
著者名 多田 洋介

日本人が書いた行動経済学の入門書としてはかなり良いほう。
自分は合理的だと思い込んでいる人に特におすすめ。実は自分はそれほど合理的ではないということに気づくかも知れない。
ある程度数式も出てくるので数学嫌いには厳しいかも知れないが、この程度の数式が理解できない人は知性が低いのだから、株をやめたほうが賢明。

投資の心理学—「損は切って利は伸ばせ」が実践できない理由

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART2】


365 :   : 04/04/07 12:09 ID:/RziuF7F
既出かもしれないけど
「投資の心理学(ローレンス・リフソン、リチャード・ガイスト共編)」読みますた。
要約すると
「過去のパフォーマンスが良かった投資アドバイザーがこれからも利益を上げるとは限らない。
自分の投資スタイルを堅持しろ、割安株を買って持っておけ、市場のサイクルは(゚ε゚)キニシナイ!!」
みたいな感じでしょうか?
訳が日本語としてこなれてないから読みにくかったよ

413 :  : 04/04/20 18:02 ID:TxliyiwI
>>365
     「投資の心理学」ローレンス・リフソン、リチャード・ガイスト共編
  読んで見たけど、本当に訳が読みにくい。ココまで酷い和訳に当たったのは初めて。
  監訳者が誰かに頼んで訳させたのだろうか、それぞれの章で訳し方の癖があるし 本当に最悪。
  監訳者はきちんと訳をチェックしてくれぇ〜 特に2章は最悪。
  内容も偏っているし、それぞれの章の著者が好き勝手に書いている印象。
  個人的な印象は 本当によくない。とりわけ拙い和訳の罪は大きい。

414 :  : 04/04/20 21:05 ID:VHwldaf7
>>413
俺も読んだ。
共著だから仕方ないのかも知れないけど、章ごとにバラツキがありすぎ。
全くダメな章も少なくなかったし、、、

415 :  : 04/04/20 21:24 ID:FUvP56oD
>>413
  禿同
  和訳酷杉
  訳者が内容を理解していないのでは


最新 行動ファイナンス入門

著者:ジョン・R・ノフシンガー 翻訳:大前 恵一朗

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART2】


697 :  : 04/05/13 21:30 ID:Ef2CTDZQ
    「最新 行動ファイナンス入門」ジョン・ノフシンガー(著)
  アマゾンで買ったら 値段の割にページ数が少ないのでびっくりしたが、内容はまとまっていて非常に読みやすい。
  投資の具体例も適度に取り入れられているし、難しい数式もほとんどないんで、最初に読む行動ファイナンス物としてはいいんでない。
  ただ あくまでも入門レベルなので、色々読んできた口には物足りなく映るかも。
  最近は日本人の著作でも同じくらい分かりやすくてはるかに安価な本があるんで 星は控えめに★★★☆☆


699 : : 04/05/13 22:28 ID:3thH0+H6
>>696-698
乙です

>>697
> 最近は日本人の著作でも同じくらい分かりやすくてはるかに安価な本がある

どのホンのことをそう思ったのか参考までに教えていただけませんか?

700 :697 : 04/05/14 08:28 ID:P90DQGVJ
>>699
  「人生と投資のパズル」とかが安いし まとまっているんで初めての人にはいいと思うけど。

  ノフシンガーの「行動ファイナンス入門」も読みやすくて判り易いし、良く出来た本だと思う。
  全然教科書的じゃないし、和訳も違和感ないし、この分野のエッセンスに親しめた感じも十分。
  薄さの割に高い気がするけど 専門書と思えば 特段高いとはいえないのかも。
  本を薄さで値段付けするのもよくないですよね・・・誤解を招く表現でスマソです。


あなたはなぜ株で儲けられないのか―市場と株式投資の人間学

著者:山崎 和邦

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART4】


27 :山師さん : 04/10/09 15:41:33 ID:b/5F+TR0
     「あなたはなぜ株で儲けられないか」山崎和邦(著)
  題名や体裁は良い雰囲気なんだが、中身は腹の皮がよじれる糞本。
  大学で自然科学的手法を学んだと豪語する筆者だが、高校レベルの数学ですら理解している形跡がない。
  上がる確率と下がる確率が半々の銘柄を2銘柄買った場合、一銘柄目が儲もうかると2銘柄目で損する確率が2/3なんだそうだが ドコで数学習ったんだ?
  ましてや非ユークリッド幾何で景気予想の誤差を論じてたりするんだが、根本的に解釈が間違ってるぞ。
  で、気を取り直して読んでいくと 文型口調で語ってる部分も どうしようもない記述が多い。
  自分がブラマン前日に全株売り抜けられた理由が「勘を磨いてきたため」ってのはナンセンスじゃない。
  その後に「相場における因果関係のとり違い」について講釈を垂れてるんだが、自分についてはどうよ。
  個々には参考になる記述がないでもないんだが、いかんせんボロが出すぎて説得力皆無。
  表紙と帯に騙されて買ってはいけない本。

28 :山師さん : 04/10/09 22:43:05 ID:5CTKH46r
>>27
学士で教授かよ。
ttp://www.musashino.ac.jp/university/profile/yamazaki.htm

29 :山師さん : 04/10/09 23:03:34 ID:b/5F+TR0
  げ、教授なんて肩書きになってる・・・
  他にもトンデモな間違いを書き散らしているのに。
  コインを2枚投げた時 どちらかが表になる確率を、「1/2+1/2」で「100%」なんて書いているんですけど。(P86)
  2銘柄と4銘柄の分散投資で 株価が下がる確率が1/3以上なら分散しない方が有利なんて書いているんですけど。(P103)
  平行線が交わらないのは2次元の世界だけで 3次元の世界ではユークリッド幾何学が成り立たず 平行線は必ず2点で交わるなんて書いているんですけど。(P109)

  経験の積み重ねはともかく、数理的な考察には向いてない人のように思う。
  人を教える前に 中学校の数学からやり直したほうが良い。
  怖いもの見たさで この人が書いたほかの本を読んでみたくなる。

30 :山師さん : 04/10/10 00:05:59 ID:aRubjido
>>29
> コインを2枚投げた時 どちらかが表になる確率を、「1/2+1/2」で「100%」なんて書いているんですけど。(P86)

コエダシテワラタ

31 :山師さん : 04/10/10 00:18:30 ID:k/Urgaz9
> 平行線は必ず2点で交わる

これって直線道路がずーっとあって
それが1点に収束するってこと?

32 :山師さん : 04/10/10 00:37:52 ID:pOeeehVn
>>31 まじめに考えるな。球面幾何と3次元のユークリッド幾何を間違えているだけだ。

33 :山師さん : 04/10/10 01:04:49 ID:DJr/pJKt
エライさんの考えはることはワカリません

34 :31 : 04/10/10 01:06:14 ID:k/Urgaz9
>>32
そうか。俺にはよくわからん…
まぁ多分一生関係無い世界だな。

35 :山師さん : 04/10/10 12:52:09 ID:dKj7wosA
>>29
> コインを2枚投げた時 どちらかが表になる確率を、「1/2+1/2」で「100%」なんて書いているんですけど。(P86)
小学生並の間違い。w

36 :山師さん : 04/10/10 13:52:56 ID:OUONBBes
と学会に報告してこい

37 :山師さん : 04/10/10 15:30:15 ID:dOYJn+Z4
小学生でも実際に2枚のコイン投げてみれば分かるだろw

いじわるな遺伝子―SEX、お金、食べ物の誘惑に勝てないわけ

著者:テリー・バーナムジェイ・フェラン 翻訳:森内 薫

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART4】


117 :山師さん : 04/10/19 18:16:57 ID:0AtFG9Cu
  「いじわるな遺伝子」ジェイ フェラン (著)
  行動ファイナンス的な見方で投資・投機・貯蓄について書いてある。
  このスレと関係しているのはチョットだけなんだが面白かった。

トレードとセックスと死 — 相場とギャンブルで勝つ法

著者:ジュエル・E・アンダーソン 翻訳:増田 丞美

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART4】


163 :山師さん : 04/10/25 15:22:23 ID:MSONTXs9
トレードとセックスと死を買ってきた。
おもしろいが、題名で損してる感じだな

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART6】


783 :山師さん : 2005/05/29(日) 04:42:12 ID:VKc2Cy8H
本屋で立ち読みしてて。。
「セックスと嘘とビデオテープ」じゃなくて、
「トレードとセックスと死」相場とギャンブルで勝つ法(パンローリング社)と
ゆーのを買ってみました。
まだ触りしか読んでないですが、なんつーか、オーシャンズ11か12 みたいな話し。
(小説ではなく、相場の人間考察だけど)

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART7】


419 名前:山師さん :2005/08/07(日) 18:47:25 ID:gzmEMcY1
セックスとトレードと死

タイトルは魅力的で、最初の25%は結構面白かった。
あとは俺にはつまらんかった。

トレードに役立つか・・・多分役立たない。

印象としては、最初の方で言ってることは大げさすぎる。
すんごい面白い話を期待してると、結構著者の思い込みで書いてるだけ。

420 名前:山師さん :2005/08/07(日) 18:54:06 ID:EM4Gcqi9
トレードとセックスと死はとんでもないウンコ本だったなw

そこらへんに投げっぱなしにしてるが、人が来た時に「なんだ??この本は?」とマジマジ
見つめてる様が笑えるw

421 名前:山師さん :2005/08/07(日) 19:21:39 ID:sVjcI3It
トレードとセックスと死はタイトルみただけでタイトルで釣ろうとしてる
糞本だってわかるじゃん。

株式投資の新しい考え方―行動ファイナンスを超えて

著者:ロバート・A・ハウゲン 翻訳:加藤 英明/高橋 大志/木元 伸行/広瀬 勇秀

お勧めの株の本・参考書を教えてください


587 :山師さん : 05/03/08 22:11:48 ID:1+fE5yfQ
効率的市場仮説を否定した本で良いのがあれば教えてください。

588 :山師さん : 05/03/08 22:25:50 ID:6KmTODsh
>>587 株式投資の新しい考え方—行動ファイナンスを超えて(ロバート A. ハウゲン)

リスクの心理学―できるトレーダーは、なぜ不確実性に勝てるのか

著者:アリ・キエフ 翻訳:平野 誠一

【私語厳禁】株板的お薦め書籍【PART6】


125 :山師さん : 2005/04/16(土) 16:14:56 ID:mShrEbHa
誤字多すぎた。スマン
敗者のゲームを超える書籍は今の所存在しないね>123

次はピーターリンチ本読もうかと思うけど、バフェット本以上のクオリティ無さそう
だしちょっと休憩しようかな

126 :山師さん : 2005/04/16(土) 16:27:53 ID:T/IqJP9k
>>125
そうか?同種の本ではリスクの心理学が面白かったよ。
敗者のゲームのような骨太さはないけど、使いやすさではリスクの心理学も悪くないと思う。
もしまだだったら、オススメ。

152 :山師さん : 2005/04/21(木) 23:34:16 ID:OdIPp5On
資金管理について何かおすすめの本あったら教えてくらはい

153 :山師さん : 2005/04/21(木) 23:41:37 ID:rUY7JA/G
投資苑ゾーン。リスクの心理学も。

精神科医が見た投資心理学

著者:ブレット・スティンバーガー 翻訳:柳沢 逸司

【私語厳禁】 株板的お薦め書籍 【PART11】


647 :山師さん :2006/02/26(日) 10:01:12.75 ID:NNO16HBr
「精神科医が見た投資心理学」
ブレッド・スティンバーガー著/晃洋書房

狼狽損切りが得意技wの俺には参考になった。
「人の心理にも市場にもコミュニケーションとメタ・コミュニケーションがある」事とか、
「自己に注意が集中することは投資の専門家となる基礎である微妙な情報処理そのものと
競合する」事などをカウンセリングの例を挙げながら説明してあって面白かった。



648 :山師さん :2006/02/26(日) 10:05:07.97 ID:qEUDEUrR
>>647
アメリカのAmazonでも結構評判いいね。買ってみる。

サザエさんと株価の関係 行動ファイナンス入門

著者:吉野 貴晶

【私語厳禁】 株板的お薦め書籍 【PART12】


616 :山師さん :2006/04/18(火) 21:00:47.92 ID:B53vY+so
「サザエさんと株価の関係 行動ファイナンス入門」 吉野 貴晶 新潮新書

行動ファイナンスの入門書には全くなっていない衝撃の一冊。
同じ新書の「人生と投資のパズル」よりも「ラリー・ウィリアムズの株式必勝法」に近い内容です。
ザザエさんの視聴率に始まり、皇室の慶事や宝くじの売り上げ、企業のCSRやIRなどが株価とどの程度相関するかを論じています。
アプローチとしてはどれも非常に興味深いのですが、どうも結論ありきな感があります。検証も中途半端。
著者は大和総研のアナリスト。なるほど、よくテレビ等で目にする「これがこうなったら○億円の経済効果」とやらの正体がこれですか。
冒頭で経済学は世間では堅いイメージを持たれていると書かれてありますが
これを読んだ人には逆にいい加減な学問だというイメージを持たれかねないのでは・・・

評価:(・A・)イクナイ!

618 :山師さん :2006/04/18(火) 21:39:11.26 ID:DB5xqeOS
>> 経済学は世間では堅いイメージを持たれている
大学行ったことない人間のほうが多いからでしょうな。
アイデアが面白いなら買ってもいいが。。。

622 :山師さん :2006/04/19(水) 19:45:46.72 ID:2ohRAfuk
>>618
アイデアとしては面白いですよ。
でも正直立ち読みで十分な気も・・・少なくとも手元に置いておきたい本ではないですね。