練習方法について。解説を載せているサイトや、教則本や楽譜などの情報をいくつか。

目次

ユーザーサイト


教則本・練習曲集

ウィンドシンセ用の本は一冊だけ存在する(EWI MASTER BOOK, 2010-08-31発行予定)。
あるいは、他の楽器のものを流用する。

譜面台も用意しておくと良い (譜面台 卓上 - Google 検索, 譜面台 - Google 検索)

EWI用


宮崎 隆睦(監修) / EWI MASTER BOOK

アルソ出版, 2010-08-31 発行予定, ¥2,520-


EWI BEST Maniax!


その他楽器用を流用


Guy LACOUR / 50 ETUDES FACILES ET PROGRESSIVES

サックスとオーボエのための練習曲集。全2巻。
最初の方は主に歌い込みのエチュードで、後半はフィンガリングの強化がメイン。

公式情報はGerard Billaudot EditeurRecherche instrumentale avance'eでComposerに「LACOUR」と入力して検索。

国内通販サイトなどでは「サックスのための易しく進歩的な50の練習」というタイトルで見つかる。
(サックスのための易しく進歩的な50の練習 - Google 検索)

Rolf Eichler / Scales for Clarinet

ひたすら24の調のスケール、アルペジオだけの本。
クラリネット界では有名な本なので入手は容易。
全部吹きこなせば運指の実力が相当つくだろう。
音域は適宜増減して使う。

周辺機材等


安斎直宗 / エフェクターの全知識(改訂版)

http://www.rittor-music.co.jp/books/03317315.html
エフェクターの基礎知識が一通り身につく。
エフェクターと私(講師:大脇裕一)をさらに詳しく書いたような本。

フリーな楽譜