大樹 (ホーマ)


偉大なる伝説の世界樹の末裔といわれる大樹。ホーマ自身が伝説の存在であり、世界中を探しても、この樹が自生するのは北方?の一部だけだといわれている。また、東方北部のガズン渓谷とよばれる場所には、練法師に守護されたホーマの樹があるといわれる。その直径は10リート(40メートル)以上、高さは30リート(120メートル)以上になり、その寿命は天地と同じとされる。
木門?最高位の練法ノ・フレム・ホウマ・サズル?によって育成されたホーマは様々な特殊能力を持つようになるという。