神聖ペガーナ

ペガンズ八柱神を崇めるペガーナから派生した宗教で、西方北部のほとんどの国がこの宗教を国教としている。
本山をマバディ島として、マバディ島西部のミ・デス・アルバ長姉国を治めている。
神聖ペガーナの僧侶は招霊衡法を行使し、国家に対しても強い発言権を持つ教会も存在する。

神聖ペガーナは地域への奉仕はあまり積極的ではなく、ペガーナの権威の強化とその維持に努めている。

神聖ペガーナは他宗教もであるが、同じペガーナでも派生した宗教をも認めていない。
特に、同じマバディ島を本山に置く聖拝ペガーナとの対立は際立っている。