表向きは聖刻教会僧侶だが、実際はル・タン法王に雇われた殺し屋のひとり。
殆ど印象に残らない外見が特徴で、暗殺や破壊活動を数多く行ってきた模様。
他人に気を流し込み自由を奪ったり、自分の意のままに操ることが可能。
またそれだけでなく、操る人間を自分の分身として意識を乗っ取ることも出来る。
別名を影使いのナラスと呼ばれ、まったく同じ外見、能力を持った分身(おそらく
気で操った人間達の成れの果て)と共に行動する。
その能力でショク・ワン?達を苦しめたが、ボウ一味の中では「使い走り」程度の
能力の持ち主でしかない。