はんにんまえ号

探索者の一人であるラヴィアン・バーラ?が勝手に乗り込んだ従兵機。もともとはバルツ・ラマンセ型の従兵機であったらしい。
当初、整備のため外装を取り外した状態であったが、後にラヴィアンの趣味で頭飾を装着し、赤く塗装される事になる。