※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

要注意カード

対人戦において注意すべきカードをまとめ、戦略を向上させるためのページです

カード名 危険度 遭遇頻度 説明 対策
ライトニング 3000以上の攻撃力を持つ前衛のユニットを裏表、敵味方問わず破壊する、ユニットを武装、魔法などで強化して無理やり圏内に押し上げられることもある 攻撃力を3000以下に保つ ライトニングスピアを装備する
アロンダイト 極高 極高 武装を付けたユニットの能力を永続で打ち消す、効果でパワーアップするユニット(風のドラゴンなど)やコンボの歯車につけられると壊滅的なダメージになりかねない。今回のバージョンアップにより場に出た瞬間相手に判るようになり牽制にも使えるようになった フォースフィールド
大神ゼウス 極高 簡単に4000/4000で戦闘以外で破壊されないため撃破は困難、アロンも効かない。 4000まで育った場合、ライトニングの危険は無いのでバシバシ強化するしかない、もしくは良く併用されるトールや雷龍にアロンを付けて成長を遅らせる。心奪われた妖精でライトニングを奪うと弱体化させる事が可能
パワー 魔族消滅の効果、エイン剣、アロンによる攻撃力2900の維持。そして天使であることでドミニオン、天使サイクルに対抗できる、優秀なユニット 守備力の低さが弱点
インソレント・リリィー まさに自爆、どんなに大きな相手でも爆破してくれる おでん、お爺ちゃんには無効。アロンやドミニオン、ブリュンヒルデでも対処可能。また、カウンターダメージはきちんと入る
砂塵 全盛期の力は失ったが発動する順番を無視して他の地形を無効化できるのは極悪、カウンターで発動するとほぼ確実に相手の地形を封じれる。地属性サイクルだけでなく、ロックサイクルにも入っていることがある 効果が1ターンのみなのでそれを耐えきれば自然に消滅してくれる
破壊神 バルログ 初心者キラー。初手バルログは中々凶悪。また、バルログプレゼントなどのコンボもある ライトニングやパワーさんの出番。ドミニオンやブリュンヒルデなどで裏返すと簡単に倒せる
ラグナロック 極高 極低 厄介さはナンバーワン!単体ではたいしたこと無いが、ロックサイクルに入っていることが多く、複数枚張られると戦線が崩壊する 破砕の雷、ゼウスの審判などで対処しよう
ハオマの神酒 裏向きのユニットを表表示にさせつつ強化する。強化目的以外にも防御ユニットを強制的に表にする、表表示になった時の効果をカウンターのタイミングで発動させる、表示形式を変更することで効果を発揮するユニットの形式変更を封じるなど、常に警戒をすべきカード フォース・フィールド 希望のエルフ
ゼウスの審判 テーマサイクルだと、同じカードを並べることが多くなりがちなので気をつけるべき 同じカードを並べない
偽報 前列の枠が3つも埋まる。基本はこの魔法後、突撃令が飛んでくるが、ロックサイクルに使用されることも多い ゼウスの審判、海、火の雨などで回避するのがベスト、相手がロッサイクルだった場合ロックされないように配置する。
突撃令 前列全てが表向きになる。戦局を一遍させるために使ったり、様子見で使ったり、ドミニオンで寝たユニットを起こしたりと汎用性が高い 旅人の秘剣で戦闘を強制終了する
沈黙のデス 極低 戦闘以外で捨て札に置かれた場合、その効果を発動したプレイヤーの前列のユニットを全て破壊する。ヘルハウンド、ベリアル、火の雨、ラグナロックを使う時は注意 天使のささやきなどで場に出してから攻撃してしまえば基本能力が低いので簡単に無効化できる
大天使 ウリエル 再生を無効化し、自身が弱体化する効果を持つ。ユニット自体の能力が優秀。属性も火・地を持っており凶悪。天使なのでドミニオンで裏返らない。スレイプニルに乗ると2900になり脅威となる 効果自体はアロンで消せる。弱体化を利用して蘇生を繰り返して倒す方法もある
ドミニオン 天使以外のユニットを裏返し、行動済みにする凶悪なカード。ユニット自体の攻撃力も高く、裏返されたユニットはほぼ破壊される。ただし自分のユニットも裏返って行動不可になるので使う側も注意しないといけない。 旅人の秘剣。ハオマの神酒・突撃令・真実の鏡で無理やり起こす
女剣士 ルーラ 以前に比べ限定的な能力になっているが、連続攻撃は脅威 アロンダイトで連続攻撃を無効化、むやみに殺されるようなユニットを裏表示で置かない
即位のアーサー王 戦士サイクルの天敵で攻撃力を基本値分下げる。また、その効果を使って戦士を巨大化させるコンボもある アロンで効果を無効化。戦士以外で攻撃。
主神 オーディン 極高 ゼウスに並んで最強ユニットの一角 戦闘以外で破壊されず、なおかつ相手からの武装を受けないという凶悪さ、物凄い速さで4000まで育つので手が付けられない。その効果から、サイクルも多種多様に作ることができ、これといった弱点が存在しない。 後衛に同じカード(主にパンドラ関係)がそろっているならゼウスの審判、ハオマを使われる前に裏返して倒す。バルログプレゼントで後列を崩壊すれば攻撃力は下げる事が可能
風のドラゴン 風デッキの切り札であり、全カード中屈指の攻撃力を生み出せる。簡単に攻撃力が4000を越えるので通常戦闘で倒すのは困難な上、守備力も最高クラスなので裏返しても中々倒せない。しかし攻撃力アップにちょっと時間が掛かり、弱点も多い グラディエーター、アロンダイト、ライトニングなどで簡単に破壊できる。
森のエルフ 妖精サイクルの中心。後衛に配置されることが多く、破壊することが困難 アロンダイト、グングニル装備のユニット
命の雫 こちらが強化してライトニングで墓地に送られたユニットなどが再生される他、死霊の歌とのコンボにも使われる ウリエルの効果による無効化
悪魔 ベリアル 手札を2枚破壊される。単体ではそこまで脅威では無いが、グラシャラ、エアリアルと組まれると厄介。ヘルハウンドと違って出した地点で効果が発動する為防御が難しい、命の雫との相性も良い、サイクルデスの中心カード 沈黙のデスがあれば相手の前列を崩壊させることができる。相手がサイクルデスだった場合天使のざわめきで延命可能
風の妖精シルフ 地形兼ユニットカードで表示形式を変更することができる。対策しない限り地形はずっとシルフのターン。破砕の雷は無効。地形属性も持ってる為、前列に置く事でカウンターステップに割り込んでくる事もある。地形利用サイクルキラーとして入れる事も多く見られる 砂塵、グングニル アロンは効果をなくすことができるが、地形ということ自体を封印することはできない 実は単純に地形による上書きで消滅する。 
ライトニングロッド 極低 脅威のライトニング8発を可能にする恐ろしいカード。その後おまけでライトニング無効化付の装備カードに変化。見かけたら要注意 特に無し、攻撃力を2900に保つぐらいか、ライトニング復活阻止ならウリエル
グリフォン 風サイクルで見かけていたが弱体化。しかし防御ユニットキラーではあるので注意は必要 前列に裏表示を出さない グラディエーター
ドラグーン 戦士ユニットの数だけパワーアップする能力で、ルーラと合わせたコンボは強烈。また戦士なので多くの武装カードがあり、巨大化までもできるという万能カード。 アロンダイト ライトニング
フォース・フィールド アロンダイトキラー。主にカウンターでつけられることが多い。その他にもハオマへのカウンター、他武装へのカウンターなどで使える、優秀な武装。色んなサイクルでコンボの軸になるカードを守る為に入れられている 真実の鏡
ボルテックス 極低 現在の仕様では使い勝手が非常に悪くなってしまった。後衛から突然巨大なユニットを出す時などに使う 後衛のカードを警戒、その列を攻撃するときに注意
ドワーフの斧 たいていのサイクルに入る非常に汎用性の高いカード。どんなユニットでも強化できる上、戦士以外の種族を失い、属性を土に変化させるため、様々なサイクルの対策になる。相手が水地形使いの場合斧を付けて暴風雨で流すと言うコンボもある フォース・フィールド、他の武装カードなど
真実の鏡 地形効果の再利用、表に~系のユニット能力を好きなタイミングで発動、FFを張っていようと表にできる。さらに、何かのカウンターで発動した場合、処理中のカードを再発動することでカウンター合戦に割り込むことができる バースオブホムンクルス+(破砕の雷)
プリンシパリティ バグか仕様か分からない状態だったが、Ver1.0.5b7より仕様と認定された。天使サイクルには必ずと言っていいほど入っている。天使族に魔法陣属性を付与する。これにより天使族は裏表示からのカウンター割り込み攻撃が可能になる。前衛ラインの戦略をことごとく先回りして壊されるので慎重に行動したい アロンダイトで能力封印、FFを付けられた場合後列に表表示配置が多いのでグングニル付き魔術師が有効、能力の弱いカードや攻撃させると破壊される魔法、武装、魔法陣等を前列へ出さない
旅人の秘剣 極高 攻撃の停止や、おでんのブーストにも使われる、緊急回避カード。また、チェンジリングによるバルログの押し付けを回避するのにも必須。チェンジリングを絡めるとさらに凶悪化する エルフの弓手 再行動を行える効果を持つカード
ハーピー 修正により大幅に強化されたユニット。カウンターステップを発生せずに攻撃できるので、ハーピーの攻撃力以下のユニットは破壊確定である。また、風ユニットを表示変更する効果はシルフと組み合わさると非常に厄介 アロンダイト、攻撃力or守備力をハーピー以上に保つ