よーすけのノート的存在。

基本的人権の尊重


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基本的人権の尊重

基本的人権

基本的人権
自由権
  • 身体の自由:奴隷的拘束・苦役からの自由、法定手続きの保証
  • 精神の自由:思想および良心の自由、信教の自由、集会・結社・表現の自由、学問の自由
  • 経済活動の自由:居住・移転・職業選択の自由、財産権の保証
平等権
  • 個人の尊重
  • 法の下の平等
  • 良性の本質的平等
社会権
  • 生存権、教育を受ける権利、勤労の権利、労働基本権:団結権・団体交渉権・団体行動権
人権を守る為の権利
  • 参政権、請願権、国家賠償請求権、裁判を受ける権利、刑事補償請求権

の三つの、権利から日本では基本的人権が成り立っている。これらは侵すことの出来ない永久の権利として保証されている。「個人の尊重」が基本である。

子どもの人権(1989)
国際連合総会で「子ども(児童)の権利条約」採択。
1994年、日本が加入。

 

【社会ー歴史】

【中世】
中世社会の展開

【明治〜現在】
近代日本の歩み

二度の世界大戦と日本

現代の日本と世界

【社会ー公民】

人間の尊重と日本国憲法

【数学ー基礎】