よーすけのノート的存在。

人権思想と日本国憲法

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人権思想と日本国憲法

人権の歴史と日本国憲法の制定

人権思想と人権の歴史
  • 1789年のフランス革命の際のフランス人権宣言にて、「人は生まれながら、自由で平等な権利を持つ。」と宣言。
  • 第一次世界大戦において降伏、その後国内でドイツ革命が発生した1919年、革命を受けてワイマール憲法は制定された。ワイマール憲法では、「人間に値する生存」つまり、今でいう社会権(生存権)を保証した最初の憲法である。

日本の近代化
1889年、大日本帝国憲法が制定される。国民の権利は「臣民の権利」として法律で制限されていた。

日本国憲法
戦後初の議会で憲法改正案可決。1946年11月3日に公布、翌年5月3日に施行。

日本国憲法

国の最高法規
憲法は国の最高法規であり、憲法に違反する法律や命令は無効である。それにより、国家権力の統制、人権の保護を行う。
憲法改正は国会の発議・国民投票で決まる。

三つの基本原理
  • 国民主権
  • 基本的人権の尊重
  • 平和主義
天皇は象徴とされ、内閣の助言と承認が必要な、国事行為のみを行うこととする。

平和主義

憲法第9条
  • 戦争 の放棄
  • 戦力の放棄
  • 交戦権の否認
第二次世界大戦の反省で平和主義を徹底。

防衛
日米安全保障条約により、アメリカ軍が日本に駐留。んま、いざとなったときは助けてくれるっぽい。

警察予備隊が発達した、自衛隊も設置。有数の軍事力があるっぽい。

核兵器に対し、
  • 持たず
  • 作らず
  • 持ち込まず
の非核三原則をとる。

 

【社会ー歴史】

【中世】
中世社会の展開

【明治〜現在】
近代日本の歩み

二度の世界大戦と日本

現代の日本と世界

【社会ー公民】

人間の尊重と日本国憲法

【数学ー基礎】