Combat shotgun
(Super shotgun, Double-barreled shotgun)



コンバットショットガン(スーパーショットガンとも。略称CSG、またはSSG)左右二連(ダブルバレル)式の散弾銃。銃身は取り回しを考慮して切り詰められている。

この武器はDoom2のMAP02:Underhallsで最初に入手することができるが、Doomでは登場しない。Doom3でも同様に本編では登場しないが、拡張パック"Resurrection of Evil"で追加されている。オリジナルDoomではショットガンとスーパーショットガンの両方を所持している場合、"3"キーを押すことで切り替えることができる。

このショットガンは至近距離では主力武器として充分な威力を発揮する。その威力は一撃でデーモンを葬ることができるほどである。しかし短い銃身のせいでショットガンよりも弾が拡散するため、遠距離ではまったく役に立たない。またリロード間隔も長く、一撃で仕留めないと敵に反撃の機会を与えてしまうことになる。この武器を使いこなすには撃ったらすぐに離れるという技術が必要になる。遮蔽物がある場合は隠れながら攻撃したほうがいいだろう。

また、この武器の特徴として貫通力の強さが挙げられる。
多数の弾を打ち出すため、インプ程度の相手までなら数匹まとめて貫ける。状況によってはチェーンガン以上の殲滅力を発揮することもある。

弾薬はショットガンと同じものを使うが、1発で2発分を消費する。その代わりショットガンなら弾丸を7発同時に放つところを、スーパーショットガンはほぼ3倍の20発を同時発射する。全弾命中すればロケットランチャーと同等の威力を誇ることになる。

なお、よく訓練された海兵であるDoomguyはハチの巣にされていようがロケット浴びて崖から落ちていようが、丁寧精確に弾を込めることができる。
コキャッとな。

データ


番号 3
ダメージ 5〜15 x20
収容弾数 8
使用弾薬 ショットシェル 2発
タイプ 即着弾
1分あたりの発射数 36.9発
全弾ヒット1分あたり攻撃力 3690~11070

トリビア


EA社のBATTLE FIELD 1では、ソウドオフショットガンのシークレットリロードとして、Combatshotgunのアニメーションが引用されている。↓参考動画

  
添付ファイル