TOAのティアタンはメロンカワイイ SS > スレ9 > 292-294

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あ~、まだかよ!」
「おいおいルーク、少し落ち着けよ。今助産婦さん来たばかりだろ」
「そうですわよ。少しは父親らしくなさい!それでも王族の血を引く者ですの?」
「だぁ~、こんな時に説教かよ!だってティアあんなに細いんだぞ!難産になるって言われてたし…」
「確かにティアは細いですからねぇ。ルークの心配はもっともだと思いますよ。ただその格好は…どうでしょうねぇ…」
「へ?いや、頭にタオル巻いたら気合い入るかな~って…」
「お前に気合いは必要ないだろ…」
「ホント…ルークって馬鹿ぁ?」
「う、うるせぇ!…着替えりゃいいんだろ着替えりゃ!」
「完全に舞い上がってるな、ありゃあ…」
「ムリもありませんわ。2人ともすごく子供を欲しがってましたから」
「フム…2人の子供なら研究対象としても魅力的ですからね…ルークの超振動にしても、ティアの譜歌にしても、子供に遺伝するのかどうか、是非とも調べたいですねぇ。確かルークはマルクト軍にさらわれたと言い聞かせられていたんでしたねぇ」
「はうあっ!大佐、目が本気ですぅ」
「旦那なら本気でさらいかねないな…(ルークがいなくて助かった…)」
「そ、そう、ですわね…」
「ん?なんだ、静まり返って気持ち悪いな…まさかティアに何かあったのか!?」
「…チッ、ティアティア言いやがって」
「まあまあアニス、今日ぐらいは多目にみてやれよ」
「おや、そろそろ慌ただしくなって来たみたいですねぇ…ルーク、隣に付いていてあげなさい」
「わ、わかった。じゃあ行ってくる!」
数時間後…
「皆様、お入り下さい!元気な男の子です。母子共に健康ですよ」
「やっとか…」
「長かったですわね…でも無事で良かったですわ」
「うぅ…もうアニスちゃん限界」
「やはり長丁場になりましたか…では行きましょうか」

「オギャア、オギャア…」
「まあ可愛らしい!ティア、頑張りましたわね」
「ありがとう、ナタリア」
「なあ、なあ可愛いだろ?どっちに似てると思う?やっぱティアか?」
「ルーク…お前な…」
「さっきからずっとこうなのよ…ハァ…もういいかしら、お父さん?あんまり外の空気に触れさせるのは良くないわ」
「お、お父さん?オレ?そっか…オレ、父親になったんだな」
「ルーク…あなた泣いてるの?」
「いや…ティア、ありがとう」
「ルーク…うぅん、私こそ、あなたが隣にいてくれたから…」
「チッ…」
「まあまあ…そう言えば2人とも、名前は決めたのか?」
「そうですわ。王族にふさわしい気品溢れる名前にしませんと」
「名前は…もう決めてあるんだ…こないだ2人で話し合ってさ」
「で、どんな名前なの?」
「…イオン」
一同「!!」
「…いい名前だな」
「うん…」
「そうですわね…」
「いやぁいい名前ですねぇ」
「アイツは、誰よりも優しい奴だったから…そんな子になって欲しくてさ」
「…私が今ここに居られるのは、イオン様のおかげですから。それに…」
「それに?なんですの?」
「い、いえ、何でもないわ」
「…では、私達はそろそろ失礼しましょうか」
「だな」
「ですわね」
「じゃあね~2人とも。ルークもちゃーんとパパするんだぞぉ」
「みんな…ありがとう」
「なあ、ティア」
「何?」
「さっき何か言いかけてただろ?何を言おうとしたんだ?」

「…覚えてる?チーグルの森に行った時の事」
「ああ。あそこでイオンと会って…」
「私ね、あの森でイオン様を気遣うあなたを見て、あなたが本当は優しい人なんだってわかったの…」
「それまでは、買い物の仕方も知らないし、人に物を頼むのにいきなりミソくれだなんて言い出すし…自己中心的だし…早くバチカルに届けてしまいたいと思っていたの」
「まあ、酷かったからな。オレ…」
「タルタロスで初めて人を斬って震えていたあなたに、私は随分厳しい事を言ったわ」
「うん。あの時、ガイとイオンだけがオレの味方だと思ってた。けど、その後ティアがオレをかばってくれただろ?その時思ったんだ。こいつも根は優しいんだって」
「私ね、前にイオン様に言われた事があるの。私とあなたは似たもの同士だって。だからルークの気持ちは私が一番よくわかる筈だって。」
「意地っ張りだからな。オレ達…」
「でもあなたは変わったわ。私、変わっていくあなたを見て、羨ましかった。私は、人に心を開くことに慣れていないから…」
「でも、オレには心を開いてくれただろ。ティアの口から、師匠と戦いたくないって聞いたとき、すごく嬉しかった。やっとティアが本当の事を話してくれたから…」
「私も、教官と最後に戦った後、あなたが1人だけ泣いてもいいって言ってくれたとき、すごく嬉しかったわ」
「あの時あなたは、皆の方がよっぽど私の事を分かってるって言ったけど…私はあなたの言葉に救われたわ」
「アイツは、オレと同じレプリカなのに、その事実を受け止めて、自分だって辛かったはずなのに、オレのために…オレが答えを出せるように…最後まで笑ってた…イオンは、いつもオレ達のことを見ていてくれたんだな…」
「だからね、イオン様のおかげで、私たちここまで来れたのかなって…」
「イオン…喜んでくれるかな」
「えぇ、きっと…」
「この子が大きくなったら、ダアトに連れて行こうな」
「ええ。イオン様に恥じない様に、いい子に育てましょう」
「ティア、これからもよろしくな。」
「ルーク…ええ…」
「もう寝ようか」
「ルーク…キス、して」
「うん…」
「お休み…」



  • 子供の名前はアッシュでもいけると思います!! -- ぼたもち (2006-07-19 13:08:18)
  • マジでこれいい!ここまでの流れが入ったゲームが欲しいですよ!
    まったく・・・・・ラブラブなんだから!!!^^
    -- 瑠紅 (2006-09-17 14:15:02)
  • ストーリーにこの話入れたい!、アビス2って感じで♪ -- 魅紅流 (2006-12-17 19:29:02)
  • いやぁ*****
    もう萌え死ぬかと思って
    撃沈・・・(´▽`*) -- :xえくせるx: (2007-03-28 16:48:05)




  • 子供の名前アッシュはティアやナタリアに、
    怒られるぞ。 -- 無季 (2011-07-22 17:12:30)
名前:
コメント: