TOAのティアタンはメロンカワイイ SS > スレ11 > 143-147

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

渓谷

ティア「ちょっとルーク!?何してるの!?」
ルーク「何って・・・寝て・・・」
ティア「・・・忘れたのかしら?今日が何の日か?」
ルーク「はぁ・・・?何の日って・・・休日」
ティア「・・・・・・・・」
ルーク「な、なんだよ?」
ティア「・・・・・・もういいわ・・・あなたにとってこの日がどういう日なのかわかりました!
あなたはず~っと寝てるといいわ!」
ルーク「お、おい!?ちょっと待て・・・」
ティア「・・・何?」
ルーク「いや、あの・・・本当に何の日?」
ティア「・・・・・・自分で考えて」
ばたんっ!
ルーク「お、おい・・・」


弟「母上~・・・父上は行かないんですか?」
ティア「ええ、あんな人はもういいから行きましょう」
姉「父上が何かしたんですか?」
ティア「何もしてないわ。行きましょう」
姉&弟「・・・は~い」


ルーク「え~っと日記日記・・・っと。去年の今日は・・・と」

[今日は疲れた・・・もう寝よう]

ルーク「・・・何の日かさっぱりわからねぇ・・・もう一つ前の年は・・・」

[今日は俺が帰って来た日だ。毎年どおりタタル渓谷へ行くことに・・・]

ルーク「・・・・・・・・・・・俺が戻ってきた日か・・・」


ティア「どうしたの?早く行くわよ」
姉「・・・父上は本当に行かないんですか?」
ティア「・・・忘れてる人が行っても意味ないわ。・・・まったく」
弟「ね~今日って何の日なの?昔から特別って言ってるけど・・・」
ティア「・・・ええ。すごく特別よ」
姉「それとタタル渓谷へ行くことは関係あるんですか?」
ティア「・・・あるのよ。とっても・・・」


ルーク「俺の服どこだ!?やべ!もう船いっちまう!だーくそ!」


姉「・・・結局父上は来ませんでしたね・・・」
弟「・・・特別な日って父上関係ないの?」
ティア「・・・関係、あるわよ。だってルークの特別な日だもの」
姉「じゃあ父上が行かなければ話しにならないではありませんか!」
ティア「・・・忘れてるから・・・いいのよ」


ルーク「ナ、ナタリア!」
ナタリア「ルーク・・・?そんなに急いでどうかしまして?」
ルーク「た、頼みがあるんだ・・・」
ナタリア「なんですの?おだやかではございませんわね」



ティア「・・・ケセドニアに着いたわね」
姉「・・・うっぷ・・・」
姉「こ、この後はどうやって行くんでしたっけ?」
ティア「辻馬車で行くわよ?」
姉「う・・・酔い止めを売っている店ありませんか・・・」
ティア「そうね・・・じゃあ先に薬屋で酔い止めでも買いましょう」


ルーク「・・・着いた!特例で船出してもらって悪かったな!ナタリアに
よろしく言っといてくれ!」
キムラスカ兵「いってらっしゃいませ!ルーク様!」

ルーク「くそ~あいつらもうタタル渓谷行っちまったのか・・・?」
がやがや・・・ざわざわ・・・
ルーク「・・・?何かあったのか・・・?」


ティア「これで平気かしら?」
姉「はい・・・多分」
弟「こうやって毎年来てるのに、何で父上忘れてんだろ?」
ティア「本当にね!」
姉「・・・は、母上?」
ティア「だいたい普通忘れる!?それに考えても思い出してなかったみたいだし!」
弟「・・・・・・やっぱ父上と一緒に来たかったんでしょ?」
ティア「そ、そういう意味じゃなくて・・・毎年の習慣になってたから別に
ルークがいなくても・・・」


ルーク「・・・なんだ?騒ぎか・・・?」
「ふざけるな!そんな値段で買えるか!」
「そういうなら・・・買わなくてもいいんだぜ?」
「な、なんだと!こんなの違法だ!」
「何言ってんだ~?貴重な品を譲ってやるんだ。多少の値上がりは
仕方の無いことだろ~?」
「く・・・貴様!」
ルーク「だ~・・・もう!お前らな~街の真ん中で騒動起こすなよな」
「何だお前は!」
「商売の邪魔だ。消えな!」
ルーク「なんだと!お前らがぎゃーぎゃーうるさいからだろ!」
「なにを・・・」
兵「貴様らか!街内で騒動を起こしている奴らは!」
「ち・・・憲兵か!ずらかるしかねえな」
「あ、くそ!」
ルーク「・・・ったく」
ぽんっ
ルーク「へ?」
兵「君も関係あるんだろ。ちょっと来てくれないか」
ルーク「お、おい!俺は関係ないって!なあ、そこの人!」
ルーク「あ、あの野朗も逃げやがった~!」
兵「ほら!ぐずぐずするな」
ルーク「誤解だ~!」


ティア「・・・何の騒ぎかしら?」
弟「ね~早く行こうよ~」
ティア「あ、ええ。そうね」


兵「・・・で、君は喧嘩を止めに入ったと・・・?」
ルーク「ああ!そうだ!俺急いでるんだからもういいだろ!」
兵「急いでいるのに喧嘩を止める余裕はあったのか?」
ルーク「喧嘩してたら他の人に迷惑だろうが!だから止めたんだ!」
兵「しかしねぇ・・・・・・」
ルーク「だぁーもうやってらんね!じゃあな!」
兵「待て!そういう態度はますます怪しいな・・・お前が騒ぎの中心
だったんじゃないのか・・・?」
ルーク「な、なんだと!?」



ティア「遅くなったけど、着いたわね」
姉「こうやって自然を散歩するのも悪くないです。むしろ私は好きです」
弟「タタル草とかいっぱい生えてるなぁ~あいかわらず」
ティア「変わらないな・・・」



ルーク「あ~・・・やっと解放された・・・さてと・・・辻馬車は」

[ローテルロー橋方面の馬車は本日もうありません]

ルーク「・・・・・・くそ!走っていくしかないか!」



ティア「・・・・・・ふぅ・・・・・・」
弟「べーっだ。こっちまで来な~」
姉「待て!この!」
ティア「・・・ん~・・・落ち着くわね・・・ここは」




ティア「・・・もう・・・ルークのばか・・・」


ルーク「・・・・・・・・・・ばかでわるかったな・・・」


ティア「ルーク!?なんでいるの!?」
ルーク「なんでって・・・お、思い出したからきたんだだよ!」
ティア「よくすぐに追いついて来れたわね・・・」
ルーク「い、色々無理したからな!まじで」
ティア「・・・そう。でも来てくれてほっとしたわ」
ルーク「あ、いや・・・悪かったな。忘れてて」
ティア「・・・もういいわ、来年から覚えていればいいんですもの」
ルーク「・・・あぁ、もう忘れないよ」
ティア「こうやってここには毎年来てるけど・・・私たちにとって
一番縁のある土地なのかもしれないわね」
ルーク「そうかもな・・・」
姉「父上!いついらしたんですか!?」
弟「ほんとだ!いつ来たの!?」
ルーク「さっき・・・な。頑張ったぜ色々。ナタリアに無理言ったり、捕まったり
走ったり・・・」
ティア「・・・捕まったり?」
ルーク「あ~あ~そこはなんでもない!」
ティア「・・・?」


ざぁ・・・ざぁ・・・


姉「・・・海がきれいですね」
弟「港や船で見るより綺麗に見えるね」
ティア「・・・・・・ねぇルーク」
ルーク「ん?」
ティア「なんでもない」
ルーク「・・・・・・変なティアだな」
ティア「そうね・・・変ね」
ルーク「・・・なぁティア」
ティア「何かしら?」
ルーク「・・・・・・来年も、これからも・・・一緒にいような」
ティア「・・・ええ」



終わり



  • すばらしい -- けんしん (2006-04-08 20:01:20)
  • ほんと、すばらしい! -- 瑠紅 (2006-10-14 13:28:47)
  • やはりルークとティアはこうでないと -- 条威 (2007-12-10 14:15:42)
  • 二人が出会った場所。
    そして二人がまためぐり合えた場所。
    素敵な場所だね♪
    -- YOSHI (2008-01-01 01:56:12)
  • いい話だwww -- リー (2011-02-07 00:27:52)
  • ルークって、捕まるの2回めだし。捕まりすぎ。 -- 無季 (2011-07-26 16:29:22)
名前:
コメント: