TOAのティアタンはメロンカワイイ SS > スレ9 > 881-885

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ケテルブルクにて――

アニス「ねぇパパ、カジノに連れてってぇ☆」
ジェイド「お断りします」
アニス「ぶー。じゃガイー♪」
ガイ「うわっ!わ、わかったから触らないでくれ!」
アニス「やったー! ナタリアも行かない?」
ナタリア「あそこは落ち着かないのですけれど……たまにはいいかもしれませんわね」
アニス「ティアは?」
ティア「え、えーと……私は止めておくわ。体も休めないといけないし」
アニス「真面目ー……最近そればっかりだよ?」
ガイ「ティアも時々は息抜きしてもいいんじゃないのか?」
ティア「い、いえ。ちょっと疲れてるから……」
ガイ「そうか。まぁ無理にとは言わないよ。気が向いたらおいで」
ティア「え、ええ」
ガイ「ルークはどうする?」
ルーク「あ、俺は……その、ちょっと」
ガイ「? ルークもか?」
ルーク「は、腹が痛いんだよ!えーと、冷えたみたいでさ」
アニス「そんな服着てるからだよぉ。着替えたら?ベルセルクとか暖かそうじゃん」
ルーク「い、いや……汚れててさ。洗濯しないと、普段の服とワイルドセイバーしかないんだ」
アニス「もー。ズボラだなぁ」
ナタリア「洗濯くらい定期的になさい!」
ルーク「ご、ごめんな。だから、やめとく」
ジェイド「……ははは」
ルーク「な、何だよジェイド」
ジェイド「いえー。私もカジノに行こうかと思いまして」
アニス「へ? 大佐も行くことにしたんですかぁ?」
ジェイド「ええ、たまにはいいでしょう」
ガイ「……ああ、なるほど」
ナタリア「? ガイ、どうかしたんですの?」
ガイ「いや、何でもないよ。じゃあ四人で行こうか。ルーク、ティア、ごゆっくり」
ティア「え、ええ」
ルーク「う、うん」
アニス「よぉし! 勝って勝って勝ちまくる!目指せ玉の輿!」
ガイ「……まだ狙ってたのか」

ルーク「……何とか誤魔化せたかな」
ティア「どうかしら……大佐とガイの態度が気になるわね」
ルーク「うーん……カジノに行ったみたいだし、大丈夫じゃないか?」
ティア「だといいのだけど……」
ルーク「今日はどこに行く?」
ティア「ルークはどうしたい?」
ルーク「んー、特にはないけど。その辺散歩でもするか?」
ティア「そうね。行きましょう」
ルーク「あ、ティア……その、手、握ってもいいか?」
ティア「! ……え、ええ」
ルーク「……へへ」
ティア「…………」

ナタリア「な、な、何ですのあの二人は!てててて手を繋いでますわよ!」
ジェイド「ナタリア、少し声を小さくして下さい。気付かれてしまいますので」
ナタリア「そ、そうですわね……でも、どういうことですの?」
ガイ「ま、そういうことさ」
アニス「最近付き合いが悪いと思ったら……」
ジェイド「そうですねぇ。半月ほど前からですか」
アニス「てゆーか、どっちから告ったんだろうね。あの二人だよ?」
ガイ「うーん。手を繋ごうと切り出したのはルークだから、意外とルークなんじゃないか?」
ジェイド「どうでしょうねぇ。それより後を追いませんと」
ナタリア「で、でもいいのですか? こんな覗き見なんて……」
ジェイド「まあ、息抜きにいいんじゃないですか」
ガイ「……ははは」
アニス「さんせーい。尾行開始!」


ティア「元気に遊んでるわね」
ルーク「雪合戦って言うんだっけ? 楽しそうだよな」
ティア「入れてもらったら?」
ルーク「んー、ティアはどうする?」
ティア「私はいいわ。ベンチで見てるから」
ルーク「そっか。じゃあちょっと行ってくるよ。おーい、仲間に入れてくれー!」
子供「うん、いいよ! お兄ちゃんはそっちのチームね!」
ルーク「よし、やるぞ!」
ティア「……ふふっ。子供なんだから」

アニス「……何だ。いちゃつくのかと思ってたのに」
ガイ「ルークらしいよ」
ナタリア「こ、ここ恋人をほったらかしにするなんて……」
アニス「だけど、ティアも何だか満足そうだね」
ジェイド「まあ何と言いますか、母性愛という奴ですよ」
アニス「えー?ティアって子供が好きなのかなあ」
ガイ「まあ、子供みたいなところもあるルークが好きなんだろ」
アニス「ああ、そうか。あのルークが好きなんだもんね。……趣味悪っ」
ガイ「ははは」

ルーク「あてっ!この野郎、やったな!」
子供「あははははは」
ルーク「お返しだ!こうやをえぐる、むじひなるはくぎんのほうよう……ふんっ!」
子供「おお、必殺魔球だ!すげー!カッコイイー!」
ルーク「へへっ、そうか?」

ジェイド「……禁譜を何だと思ってるのでしょうねぇ」
ナタリア「まったくですわ……」

ルーク「あー、楽しかった」
ティア「お疲れさま」
ルーク「ごめんな。ティアのこと、ほったらかしにして」
ティア「いいのよ、見てるだけでも楽しかったわ」
ルーク「でも、ごめんな」
ティア「いいってば」
ルーク「うん。ごめん」
ティア「ふふ……しょうがないわね。……あら、頭に雪がついてるわ」
ルーク「ん?どこだ?」
ティア「……いい、私が払ってあげる」
ルーク「ああ」
ティア「…………」
ルーク「……? っ!」

アニス「おわっ! ちゅーした!」
ナタリア「せせせせせせせっぷ……」
ガイ「……ナタリア、大丈夫かい?」
ナタリア「あわわわわわわわわわわわ」
ガイ「駄目、か」
ジェイド「意外ですね。ティアがあれだけ積極的だとは」
アニス「こうなると、やっぱりティアから告ったってことなのかな?」
ガイ「いや、想いが通じ合って積極的になれたとも考えられるな」
ジェイド「そうですね。案外ルークが口を滑らせただけかもしれませんよ」
アニス「あー、なるほどね。ありそう……」

ティア「…………」
ルーク「…………」
ティア「……ほ、ほら、取れたわ」
ルーク「あ、ああ。ありがとう……」
ティア「…………」
ルーク「…………」
ティア「……そろそろ、帰りましょうか!」
ルーク「そ、そうだな!」

アニス「やばっ!こっちに来るよ!」
ガイ「逃げるぞ!ナタリア、早く!」
ナタリア「私……私……」
ジェイド「くっ!間に合わないっ!?」
ガイ「くそっ!こんな所で!」


ティア「……それで、あそこで何をしていたの?」
アニス「あはははは……」
ガイ「いや、その……な?」
ナタリア「接吻……」
ルーク「お前ら……」
ジェイド「ええ、あなた方の後をつけていました」
ティア「……最低です!」
ジェイド「おや?あなた方こそ、ホテルで休むと言っていませんでしたか?」
ルーク「そ、それはそうだけど!」
ジェイド「二人が勝手にどこかへ行ってしまうので、心配したんですよ」
ティア「だ、だからって!」
ジェイド「あなた方が付き合っていると知っていたら、我々もこんな心配をしなくとも済んだのですが」
ティア「それは……」
ルーク「そうかもしれないけどよ……」
ジェイド「まあ、二人とも危険な目に遭っていなくて安心しましたよ」
ティア「す、すみません……でした」
ルーク「……わ、悪かったよ」
ジェイド「わかって下されば結構です。それでは」
ティア「…………」
ルーク「…………」

ガイ「……旦那は本当に嘘が上手いな」
ジェイド「いえいえ、本当に心配したんですよ」
アニス「……敵には回したくない……」
ガイ「……そうだな」

ナタリア「アッシュ……」
アニス「……まだどっか行ってるよ」




  • ルークとティアがいい。でもナタリアが可愛い。
    笑えるww
    -- 瑠紅 (2006-09-21 21:48:39)
  • 良いですね、ルークとティアが。 -- haruku (2007-01-13 13:11:31)
  • ナタリア「私……私……」
    ジェイド「くっ!間に合わないっ!?」
    ガイ「くそっ!こんな所で!」

    ちょwww
    これラスダンの会話の一部だろwww -- 名無しさん (2007-10-06 03:19:00)
  • なかなか -- kkk (2007-11-25 20:26:54)
  • これ超いいな。 -- 大湊 武 (2008-01-08 14:56:03)
  • ニヤニヤ(゚∀゚) -- 名無しさん (2008-10-17 23:43:10)
  • ニヤニヤしながら見ちゃいました~♪ -- 茶味 (2008-10-28 01:57:38)
  • ニヤニヤしすぎてヤバい・・・ -- 名無しさん (2009-05-05 17:16:05)
  • おもしろいし、ほのぼのするね~~~ -- ドラグ (2009-08-24 16:07:37)
  • テテテテティアから、キキキキキス~~~~!?・・・おめでとうルーク、ティア。お幸せに(泣)最後に一言だけ言わせてくれ!俺は・・・俺はティアを愛してる!・・・うわ~~~~ん! -- アル (2009-12-22 23:10:10)
  • ジェイドは、嘘をつくことはすごいな。ジェイドを敵に回したら俺、死ぬかも。 -- 無季 (2011-07-26 12:19:44)
  • あわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわ.....! -- 残念 (2011-09-30 22:09:00)
  • わたくしもアッシュと -- ナタリア (2012-06-26 23:15:24)
名前:
コメント: