|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

1月10日

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●「ファンド」案の件

突飛な例えかもしれませんが,

 「技術情報のファンド」

というイメージを思いつきました。

ファンドの参加者は,お金を持ち寄ってファンド運営者に託し,利益を配分する。

これと同様のイメージで,

「エンジニアが技術情報(アーティクル,デモ,ベンチマーク結果,機能評価資料,
etc.)を持ち寄って,運営者に託す。
運営者はそれを運用して(Web出版,エンジニアリング・サービス,etc.),利益を配
分する」

というモデルは成り立たないだろうか,と。

ジャスト・アイデアですが,コミュニティのメンバーに何らかのリターンの枠組みを設
計できると,この話はぐっと魅力的になるかと思います。

# はてなポイントのリアル版?

●知的財産権の件など

この件に関して考えていて,思い出したことがあります。

オープンソースでは「イノベータの自由」と「コミュニティのコモンズ(共有財産)」
のバランスが大事だ

という言葉です。Sunのサイモン・フィプスという人から聞いた言葉です。
(参考記事:「オープンソースがイノベーションを加速」,
      Sunのオープンソース責任者大いに語る
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20051116/224696/ )

一般に,オープンソース・ビジネスでは,「ビジネス上の利益追求」と「コミュニティ
を豊かにすること」の両方を,納得できる条件でバランスさせることが,非常に大事
だ,という指摘です。

著作権と出版権,オープンソース・ライセンスについては,よく考えておく必要があり
ます。

ビジネス・モデルと,コミュニティ運営を,みんなが納得できる形で両立させ,オープ
ンに進めること,これも大事になりそうです。

* * *

まだまとまっていませんが,直感的に「このあたりが大事かな」と思った事柄に関して
書いてみました。