BFG 9000



BFG9000は緑色の巨大なプラズマ弾を発射する巨大な銃。データ上ではゲーム中最強の攻撃力を誇る武器で、一撃で周辺の敵を一掃できる破壊力を持つ。

BFGは"Big Fucking Gun"の略称である(Doom Bible14章を参照)。"Big Fragging Gun"や"Big Fun Gun"は正式名称が公開される前に流布されたものである。

BFGはE3M3: Pendemoniumのシークレットエリアで初めて手に入る。非シークレットエリアではE4M5: They Will Repentでようやく見つかる。DOOM2ではMAP8のシークレットで見つかって以降大体1MAPごとにどこかに置かれている。拾得時には一発分(40)だけエネルギーセルが収容されている。

絶大な威力のかわりに、発射に要する間や特殊な爆風ダメージがあるため、練習をしなければ正しく使いこなすことができない。(→BFG TIPS

テクニカル


引き金を引いてからプラズマ弾が発射されるまでに0.857秒の間が置かれる。プラズマ弾は何か障害物に当たると爆発し、100〜800ポイントのダメージを対象に与える。

更に0.457秒が経過すると、BFG独自の爆風ダメージ(ロケット弾やドラム缶とは違う)が計算される。40の見えない線がプレイヤーから、BFGが発射された方向にコーン状(約45度)に放射される(プレイヤーが発射後に向きを変えても線が放射される方向は変わらないが、プレイヤーが位置を動けば、同じように放射地点の位置も変わる)。この線が敵に当たると一本あたり49〜87ポイントのダメージを与える(射程距離は1024マップユニット)。前述のとおりロケットやドラム缶のものとは異なる計算のため、爆風ダメージに免疫を持つサイバーデーモンスパイダー・マスターマインドもこの爆風によってダメージを受ける。

つまり、BFGによる最小ダメージは49ポイント(放射線が一発だけ当たった場合)になり、最大ダメージは計算上 800 + (40 x 87) = 4280ポイント(プラズマ弾と放射線40発がすべて命中した場合)となる。だが、実際にはDoomエンジンの簡易乱数ジェネレータの仕様でこの値が与えられることはない。

ノート


rocketlauncherchaingunのようにBFGの画像は大きすぎて画面に収まりきらない。画像の下部にはBFGのロゴが入っている。

過去のバージョンのDoomでは、BFGは40の小さな緑と赤のボールを発射する、"Billion Fireball Gun(無数の火球を撃つ銃)"と呼ばれ、BFG2704と名付けられた。ジョン・ロメロによると、「クリスマスのように見える上、ゲームに負荷を掛ける」ため廃止された。

亜種

「最強の武器」という立場からDoomの花形武器とも考えられ、一部のWADにおいて別種のBFGに差し替えられていることがある。

NeoDoomではBFG30000Xという強烈な爆風と火炎をもたらす兵器となっており、まき散らされた火炎は、(厳密な意味での)爆風ダメージが効かない敵を除いて、ほとんどすべての敵を即死させるほどの威力がある。当然、プレイヤーが触れても即死するため使用には注意を要する。

データ


番号 7
ダメージ 100〜800 → 49〜87 x40
収容弾数 40
使用弾薬 エネルギーセル 40発
タイプ 発射弾即着弾
1分あたりの発射数 52.5発
全弾ヒット1分あたり攻撃力 5250〜42000 → 102900〜182700

  
添付ファイル