スキルレベル

Doomは実力等に合わせ、5つのスキルレベルで構成されている。

I'm too young to die.

敵の数は少なく、E1M1:HANGARで4体。
弾薬の取得量が2倍になる「Double Ammo」オプションが標準装備。
更に受けるダメージが全て半分になり、初期状態でドラム缶の爆発を至近距離で受けても死なない。

Hey, Not too rough.

敵の数は少なく、I'm too young to die.と同じ。
ただ、あちらにあった弾薬2倍とダメージ半分が無くなっており、いずれも通常通りとなっている。
その分難易度も上がっているので、ITYTD上がりならば弾数と体力に注意したい。

Hurt me plenty.

敵の数は並で、E1M1:HANGARで6体。
選択肢の位置も示すとおり、Doomの標準的な難易度となっている。
HNTR以下との差はマップに寄りけり。序盤のレベルではそもそも大差なかったり、増えてもその多くが弱いモンスターだったりする。

Ultra-Violence.

敵の数が多く、E1M1:HANGARでは29体。
地獄の軍勢の本気が垣間見える、上級者向けの難易度。かなりの数の敵となり、比較的強力なモンスターも多く登場する。
敵の多さ故に、下手をすると弾が無くなる恐れもある。無駄弾は避けたい。

Doomのゲームバランス調整はこのレベルで初期状態から始めてクリア出来るようにしていたらしい。

Nightmare!

字体が凄い事になっている最高難易度。敵の数はUltra-Violence.と同じ。
ただし敵強化「Fast-Monster」と敵復活「Respawn-Monster」が標準装備。
「Double Ammo」もあるので弾薬こそ2倍だが、強くなった上にキリのない敵相手では辛いものがある。
極めつけにチートが殆ど使えなくなるという、まさに悪夢である。

選択すると、次の警告が表示される。
Are you sure? This skill level
isn't even remotely fair.
(本当に良いですか?このスキルレベルは全くフェアではありません。)