※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

To get~(土谷)

これらの話がどのような物であるかいくつかの理解を得るために、今日の"Tokiwazu"の演劇の中の人気のある一つである、19世紀のバラッド、"権八(ごんぱち)"の話の筋を見てみましょう。

The story~

この話は二つに分かれる。

In the~

前半は主人公の権八がつかまる。

(1)Earlier he~(3行目)

彼は若い頃生まれた藩から吉原の無名な地へ逃げた。

He was~

彼は口論の間にある男に深刻な怪我を負わせたことからこうしなければならなかった。

He soon~

吉原でこのあと長く生活できるほどお金が残っていないことにすぐに気付き、生きるために盗みを働くようになった。

For this~(小西)

この罪で彼は遠く処刑場に連れて行かれた。

As he~(コヤ)

彼の運命が終わりに向かっているとき、彼の太夫である小紫が現われ、見張りに、恋人と一杯の水を交換させて下さいと頼み込んだ。これは、死すべき運命にある恋人や友人によって行われる習慣的な儀礼であるためである。

The guard~(斎藤)

見張りは同意し、彼らが儀式を始めたとき、コムラサキ(←漢字がわからないのでわかる人直して下さい)は急に短刀を取り出し、権八の縄を切った。

At this~(ササキ)

このストーリーの劇的な場面で、われわれは権八が始まりと共に起きるのがわかる。

It has~

全ては悪い夢だった。

The second~(住友)

話の後半で、権八は彼の恋人の評判が気になりだすことから、夢のすべてが非現実的なものというわけではなくなる。

He is~

彼は自分と彼女の関係が彼女の吉原での芸者としての仕事をだめにするのでは、と不安になる。

He vows~(田代)

彼は彼女への愛を誓い彼女の前から去ろうとするが、彼らが涙を流し永遠の愛を固く約束しているとき、外の不審な動きに気付く。

It is~(田上)

時すでに遅し!警察?が家を取り囲んでいた!!

There is~ (土谷)

純粋な形式の浄瑠璃作品で残された唯一の解決策は、もちろん心中であり、それは長く、ゆっくりと死に行く涙を誘う場面である。

An added~

この特別な話には小さな悲哀が加えられる。それは権八と小紫の墓が東京の目黒不動尊で今でも見ることができると言われている。

Though the~

彼らの実際の死の話は本当は劇のために変えられているが、苔の生えた慰霊碑は人間の悲劇の基礎である愛の話の多いな証拠である。

(1)The resemblance~(23行目)

この話とイタリアオペラ間の類似点はどちらの国もメロドラマ的な音楽劇の壮大な愛があるという事実である。

As a ~

実際、イタリアの日常生活に似た芝居がかった感じが日本のほうが少し大げさだがある。

The itinerant~

日本の行商人は生まれつき劇的な間合いの感覚を持っていて、よく特定の地域でバンバンする棒の伴奏と彼の話を聞ける。

All life~(小西)

全ての生活はまるで舞台上で演じられているかのように思われる。

The very~(こや)

特徴的な季節は、金魚売りや、竿竹屋、ガラクタ屋、季節の食べ物を売る多数の人々などによって語られる一連の歌によって印象づけられる。

In such~

このような国で劇や音楽的な行動が固く結ばれているのはふしぎではない。

The piece~

上で述べた権八の話は元々キヨモト円寿太夫と言う人が考案したキヨモトという音楽様式に属する。