※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

背徳の騎士


1. デイル・フスリマクスティスのこと。
黒の帝国の騎士ロート・ブレイドゥとデイルがカレグ・カーナで決闘した際に、南部の騎士達の立合いの前で、デイルは暗器を用いた騎士にあるまじき勝利をおさめた。これがデイルが「背徳の騎士」とよばれることになった由来である。

2. 「剣の聖刻年代記」第5巻(著:日下部匡俊)のタイトル。