ギギィ・ガーグ

闇の一者、アレイ・モーア?秘操兵?
通常の操兵よりも大型であり肩の前後に竜の顎のような副腕が片側2個の4個ある。
(副腕の全長は自身の全高に近いくらい長大である。)
副腕はそのまま噛み付くことも可能であるが、その中に納まっている擬似翼により力場を張り、秘装門の術を行使するのが目的である。

また、機体は特殊な術法で粧錬されており、通常の攻撃では傷を負わすことはできず、たとえ傷を負わしても極短い時間で自己修復してしまう。
ちなみに擬似翼を動かしての飛翔は不可であるが、擬似翼を動かして攻撃することは可能である。

ギギィ・ガーグとアレイ・モーアは肉体と魂の関係

SPE      18          必要操手レベル    -
POW     20          気闘法修正値     +6
ARM     16          仮面ランク       A+
BAL      16          仮面同調チェック値  -
機体ランク  ?           EGO値         15
機体耐久度 142         擬似精神耐久度   280