異端の魔道師


異端審問官グィ・ジーガンスが異端の魔人を信仰をする魔道師によって殺害されたことを端とする事件。
この時に神聖騎士団のガナン・サルダンが、ガナン・カラル東部分隊を率いて事件の地であるクラウド地帯へ魔道師討伐を名目に派遣されるが、原因不明の全滅をしている。