ミ・デス・アバル聖王国

マバディ島の南西には平野部が広がっている。この平野中央部を占めているのがミ・デス・アバル聖王国だ。この土地にはほとんど河川は見られず、背後に迫るノー・ディ山脈山麓の複雑な地形のために、大規模な農業は行われていない。この国家は、東西の両宗教国家を中立状態に保つための軍事国家であり、地形的な問題を別にしても、ほとんど産業らしい産業は行われていない。
東西両宗教国家の(地理的にも政治的にも、無論宗教的にも)中央に位置するミ・デス・アバル聖王国は、立場上無宗派であるものの、ペガンズそのものに対する信仰は厚く、やはり宗教的社会を形成している。この国の身分制度は、ミ・デス・アバル長姉国ミ・デス・アバル末妹国よりも世俗に近い序列を持っている。これは、この国がペガンズに帰依する世俗の人間たちの国家だからである。
この国は、もともと東西両ペガーナの均衡を保つために建国された国家であり、その性格上、完全な軍事国家となっている。国民の成人男子は、ほぼ全員がこの国の聖王騎士団に属し、上下関係も騎士団の序列にしたがっている。
この国の元首は、世俗の王であるが、教会によって任ぜられているため、世襲ではなく、その血族も諸侯や貴族といった特権階級にはならない。国王は聖王騎士団の長をも兼任する。その下には「団将」と呼ばれる将軍職が続き、以下、「次将」、「統領」、「騎士」、「従士」、「兵士」、「侍兵」となる。兵士までは通常の騎士団と同じで、戦場で実際に戦うが、侍兵は一般市民の役割を果す。
ミ・デス・アバル聖王国では、マバディ島唯一の港フニショーを持ち、ノー・ディ山麓のリアク鉱山から産出する希少鉱石を資本に、大陸との交易を行っている。しかし、この交易は経済的なものというよりも、大陸の進んだ武器や操兵を購入するためのもので、あまり大規模なものではない。
マバディ島は、原則的に操兵があってはならない土地である。だが例外的に、中央のミ・デス・アバル聖王国では少数の機体の保有が許されている。そのためこの国は、東西両国に比して、決して見劣りしない戦力を持っている。
この国の操兵の種類の多さと、その新しさは、操兵の品評会を見ているかのようである。北部列強の旗操兵の原型と思われる機体はほぼすべてがそろっており(なんとドアーテ種らしき操兵もある!)、ほかでは見られない新種の操兵も何種類か確認されている。そのいずれもが、操兵のなかでも高性能な機種ばかりで、50機に満たない数ではあるが、訓練された操手たちによって一騎当千の強力な軍団を構成している。

人物


操兵