※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

紅「なによ!このジャンク!」
銀「いったわねぇ…真紅!許さないわよぉ!!」
J「や、やめろよ二人とも!」
紅「下僕は、黙ってるのだわ!」
バシッ!!
J「え…」
思いがけない強い押しに、よろめいた僕はそのまま…
ガタン!!



そのまま、彼は机に後頭部を打ち付け床に崩れた…



J「水…銀燈…ケンカ…は…だ…め…」
銀「ジュン!!」
紅「わ、私のせいじゃないのだわ…」
銀「そ、そんな事よりきゅ、救急車をよんでぇ!!早く!」
紅「わ、わかったのだわ!」
それから五分ほどして、ジュンは救急車で運ばれた
水銀燈はジュンの付き添いとして一緒に病院へと向かった



銀「ねぇ、ジュン…私があんな事で真紅とケンカしなきゃ良かったのよねぇ…ジュンごめんなさい…」



私は、ジャンクと呼ばれただけで怒ってしまった事を悔やんだ…



銀「私、ジュンの事、好きだったのに…告白する前に…」



私は、ジュンが目覚めるまで病院に通い続け…



2年の月日が経ち…



卒業式





紅「ジュン…まだ目覚めないのね…」



私は、償い切れない罪を背負ってしまった…
親友を罵り…
好きな人を死に近い所へ追いやったのだ…



しかし水銀燈は、笑って許してくれた
でも、彼女…水銀燈の心の中では泣いて居るのだと分かっていた…
銀「ええ…卒業式も終わってしまったわぁ…

紅「これから病院?」
銀「ええ…あなたも来れば良いのにぃ」
紅「私は、ジュンを見る勇気が無いわ…とても…とても酷い事をしてしまったのだわ…」
銀「そんなこと、ジュンなら笑って許してしくれるわぁ…じゃあいくわね」



今日も私は病院へ



しかし校門を出た所に…




銀「え…あ…」
J「久しぶり水銀燈」彼は立っていたのだ



銀「ほ、ホントにジュンなのぉ!?」
J「ああ、ホントさ毎日見舞いに来てくれたの知っているよ」
銀「な、なんで…」
J「なんて言うかな…夢で見てたんだ」
銀「そ、そうなの?でも良かった!ジュン!」



私は、嬉しくなってジュンの胸に飛び込んだ
J「まだ、入院してる身だからやめろよ」



拒絶する声はあまりにも優しくて私は…



銀「だってぇ…ジュン…私…」



心のダムは…
崩壊を…



J「知ってるよ…夢にまで出て来たんだ、むしろ僕も君の事が」
銀「ジュン…」




僕たちは、長い道程だったが心を通わす事が出来たのかな…




糸冬



J「俺一年からやりなおしwwwww」
銀「なら私が勉強教えてあげるわぁ」
J「マジンガー?キタコレwwwww」






僕は、一年の教室に入り



J「で、なんで雛苺と金糸雀まで一年なんだ…」
苺「りゅ、留年したのぉーうにゅー…」
金「カンニングがバレたのかしらー」
J「二年もかよ…」





銀「ほんとおばかさぁん」




















作者別、インスパイヤ-------------
水「え…ジュン?」
ジ「…あの、もしかして、僕の友達かな」
水「…っ!、せ、先生呼んでくるわぁっ」



逃げ出すほかなかった。
病室を出た途端、涙をこらえることができなくなった。



水「私のせいで…ジュンが……っ」



数分後、先生が病室に入っていった。



結果は…既に予感していた通りだった。



医「単なるショックによるものですから、命には別状はないでしょう…」
水「それで、先生…」
医「…彼の場合、心因性の可能性が高い様です。
…親しい方々の御協力が不可欠になります」



翌日。病室には真紅を除く全員が集合していた。



蒼「…ふう。…やっぱり、僕たちのことは覚えていないみたいだ」
翠「自分の名前とか、そういうのは覚えてるみたいです…」
水「みたいね…」



雛「私は、雛苺っていうのよー」
ジ「雛苺…ちゃん」
雛「ちがうのー。ジュンは、ちゃんづけなんかしないのよー」
ジ「あ…ごめん」
金「私は金糸雀っていうのかしらー」
薔「……薔薇水晶……よろしくね…」
ジ「金糸雀に…薔薇水晶、うん、よろしく」



水「元気ね…あの子たち」
蒼「うん、それに前向きだよ」
翠「それにしても、何で真紅は来ないですか」
水「あの娘が一番…心配して…同じ位、後悔してるみたいだから……」
翠「………」



あの日から…いや、今日ジュンの容態を告げてからは更に。真紅の様子はおかしくなっていったのだ。



蒼「心因性のものらしいし、何とかして早く思いだしてもらわないと…」
水「………そう簡単にいくかしらぁ」



心因性ということは、何か悩みとか、ストレスとかがあったということだ。
それを…私たちが、どうにかできるのだろうか…。



蒼「できるよ」
水「え……」



それは、強い眼差しだった。
普段の彼女からは想像もできない位の。



蒼「そんな弱気で、どうするんだ。…君は、好きなんだろう?ジュン君のこと」
水「蒼星石…。でも…私は彼を傷つけてしまったわ……」
蒼「それがなんだっていうんだ。……君は、ジュン君が君を許してくれないと、思うのかい?」



そうだ…悲しいのは私だけじゃない…。
蒼星石も、…雛苺たちだって。
なのに、私は一人、こうやって弱気になって…。



水「…ごめんねぇ、蒼星石。厳しいこと、言わせちゃって」
蒼「…ううん。いいよ。皆、つらいんだから」



未完