※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

-お昼休み-
屋上で一緒に弁当を食べる水銀燈とJUM

JUM「ご馳走様、旨かったよ」

銀「うふふ♪お粗末様」

JUM「っふ、ふぁ~あ」
銀「あ~ら大きなあくびねぇ、どうせ夜更かしでもしたんでしょう」
JUM「違うよ、なんか腹いっぱいになったら眠くなってきたんだよ」
銀「お腹がいっぱいになったから眠いなんてJUMってば本当に子供ねぇ~」
JUM「うるさいな、いいだろ・・・っふぁ~」
JUM「駄目だ眠い・・・水銀燈たのみがあるんだけど
銀「な~に?」
JUM「ちょっと昼寝するから昼休み終わる前に起こしてくれないか?」
銀「う~ん、いいわよ、け~ど私のお願い聞いてくれたねぇ」
JUM「言っとくけど金ならないからな」
銀「うふふ、違うわよ、膝枕さ・せ・て♪」
JUM「ああ、そんなこt・・・・えええええええええええええええええ!!!」
銀「だめぇ?それともいやぁ?」
UM「いやじゃないけど・・・」
銀「ならいいじゃなぁい」
JUM「ちょ、わかったから引っ張るな」
銀「ふふふ、どう気持ちいい?」
JUM「ああ、気持ちいいよ」
銀「なんなら、もっと気持ちいい胸枕もして上げるわよぉ♪」
JUM「いいいいい!!」
銀「ふふふふ冗談よ、JUMったら赤くなっちゃって、可愛い」
JUM「・・・っふ、ふん、お前誰にでもそんなこと言ってるんだろ」
銀「あらぁ、私がこんなこと言うと思ってるのぉ?」
JUM「・・・違うのかよ」
銀「うふふ、どうかしらぁ」
JUM「ったく・・・ふわぁ~あ」
銀「寝るの?」
JUM「・・・ああ」
銀「おやすみ、JUM」
JUM「ああ、おやすみ・・・」
銀「あらぁ本当に寝ちゃったみたいね」
JUM「zzz」
銀「ねぇJUM、私があんなこと言うのはJUMにだけよ」
銀「私もなんだか眠くなって・・・・」

結局二人とも午後の授業をサボってしまったのでした。








J「結構降るね…雪」
銀「そうねぇ…」

………

J&銀「「あ、あのさぁ水銀t(あ、あのねぇジュn)」」

J「さ、先に良いよ…///」
銀「うん…////」

銀「私ね…実はあまり雪って好きじゃなかったの…」
J「…どうして?」
銀「私のママが亡くなったとき…降ってたの…
一緒にママと公園に来て雪で遊んでたの私が4歳の頃……」
J「…………」
銀「……でね……帰りに遊び疲れた私をおぶってくれてた…」
J「…もういいよ…」
銀「路面が凍ってて……」
J「もう良いって……」

ギュッ…優しく水銀燈を抱き締める…
水銀燈の目には涙が浮かんでいた…


J「ゴメン……無神経にも外に連れだして…ゴメン」
銀「ううん…良いの…………だけどね今は凄く雪が好き…」
銀「なんでって顔してるね…それはね…
  こうしてジュンの温もりを感じる事ができるから…」
J「水銀燈……///」
銀「ジュンの手、体、心、とても温かい…」

体を離して水銀燈の顔を見るとさっきとは違い少し紅潮し微笑んでいた…

銀「ジュンはさっき何が言いたかったの?」
J「大した事じゃ無いんだ……ただ…」
銀「ただ?」
J「…雪が銀色で…その…水銀燈の髪みたいで綺麗だなーって……////」
銀「な、何言ってるの!ジュンのバカぁ…/////」
J「いていて…コラ肩叩くな!」
銀「もーう……でも、ありがと」

そう言うとジュンの頬に優しくキスをした……
雪は全ての人に優しい存在であるように願う…





今年の冬は寒い。外を歩く事が億劫になる。
 いや、毎年冬なんて外に出たくない。
 今日も寒いな……。

 今僕は終令も終わった生徒が5人しかいない学校の教室にいる。
 何故かって、5時間目の休み時間に水銀燈が教室で待っててって言ったから。きっと何かされる。
 絶対に何か企んでる。返り討ちにしてやる。

 ガラッ。
 教室の入り口には銀色の長い髪と紅い瞳の女性。
 やっと水銀燈が来た。……来るか?
「一緒に帰らなぁい?ジュン?」
 は? え?
 ちょっと待て。え?
「な、何?」
「だぁかぁらぁ。一緒に帰らなぁい?」
「いや、何でだよ!」
「一緒に帰りたいからよぉ」
 そんな事言われてもなぁ……。何か裏があるのか。
 水銀燈のこんな顔を見た事がないから怖い。
「お願いよぉ」
「い……。う、うん」
 いきなりうるうるした瞳で見られちゃ断るに断れない。
 逆に僕が悪い事をしたような気分になってしまう。
「ありがとぉー、ジュン」
 と、急に態度が変わった。さっきまでのは演技だったのか。
 何だか騙されたような。ムカつく。

「じゃ、もう行くぞ」
 机に置いてあった鞄を持ってわざと水銀燈を置いていく。
「あぁ、待ってぇ」
 ささやかな仕返し。
 慌てて水銀燈が追い掛けてくる。
「バーカ」
 と、ガシッという感触。
 腕を組んできた。しかも、その大きな胸を当てて。
「馬鹿とは何よぉ」
「む、胸が当たってるぞ……」
 水銀燈のいない方を向いて眼鏡を掛け直す。照れ隠し。
 くすりと笑う水銀燈。
「照れちゃってぇ。可愛いぃー」
「おわぁ!」
 階段から転げ落ちてしまった。水銀燈がそんな事言うから。
 痛い。重い。柔らかい。
 柔らかい……?
 右手には柔らかな丸い物。そう、例えば女性の胸。
 って、あぁぁぁ!
「ジュンってぇ、積極的ねぇ……」
 頬を紅くしてそんな事を言うな!
 クソー。何をしてるんだ、僕は。
「ち、違う!ほ、ほら早く行くぞ!」
 早歩きで階段を降りていくと、またくすりと笑い声。
 振り返ってみたら、凄く嬉しそうな顔で水銀燈が笑っていた。
 可愛い……。
 一瞬ドキリとしたけど、すぐに振り払った。今日の僕は何かおかしい。

「ねぇ、ジュン。何処か寄り道しない?」
「何でだよ」
 靴箱に履き替えた上靴を入れながら聞く。
「だってぇ、家に帰っても暇なのよぉ」
「それなら一人で行ってこいよ」
「嫌よぉ。ジュンと一緒じゃなきゃぁ」
「うっ……」
 どうやら今日は僕だけじゃなく水銀燈もおかしくなっているらしい。
 一緒じゃなきゃ、なんて言うはずないのに。だから、何故か許してしまう。
「わ、わかったよ。何処に行きたいんだ?」
「ゲームセンターとかぁ、色々行ってみたいわぁ」
「色々って……。とりあえずゲーセンでも行くか」
「うん、わかったわぁ」
 学校を出ててゲーセンのある繁華街までの道を歩く。寄り道なんて久しぶりだ。
 前に行ったのは……確か……。
 いや、そんな事を考えてる場合じゃない。隣で水銀燈がまた手を組んでる。
 しかも、今度は体を密着させたカップルのような組み方。
 道行く人々にニヤニヤと笑われて恥ずかしい。今は眼鏡を掛け直して紅くなる事しか出来ない。

「なぁ」
「なぁに?」
「密着し過ぎじゃないか?」
「そうかしらぁ?」
「思いっきり見られてるんですけど」
「いいじゃなぁい」
 駄目だ。言葉が通じない。
 ていうか、もっと強く体を近付けてくる。胸が、胸が……!
 柔らかい感触がいちいち腕に伝わる。変な汗が流れてきた。
 沢山の人に見られてる気がする。恥ずかしい。
「ここかしらぁ?」
「あ、ああ」
 胸の感触のせいでここまで歩いてきたような気がしない。
 とりあえず、ゲーセンの中に入ってトイレにでも逃げ込もう。
「ちょ、ちょっと僕トイレに行ってくるよ」
「えぇ?じゃあ、私もついて行くわぁ」
「いや、それは無理だろ」
「どうしてぇ?」
「だってトイレだぞ。男子トイレ」
「そんなの関係ないわよぉ」
 気が休まりそうにない。今日はずっとこんなままなのか。
 思いっきり疲れそうだ。
「じゃ、ここで」
「しかたないわねぇ。早くするのよぉ」
 流石に中にまでは入ってこないか。まぁ常識で考えれば当然だよな。
 手を洗う水が冷たくて、さっきまでの熱を冷ましていく。

 少し時間をかけて手を洗って、トイレを出る。
 そこにはちょっと苛々した水銀燈が待っていた。
「ちょっと遅いわよぉ」
「ご、ごめん」
 やっぱり女性を待たせるのはいけないな。
 でも、水銀燈はこんな反省をしている僕なんか関係なしに腕を組んでくる。
「あれやろぉよぉ」
「え?……プリクラ?」
 水銀燈が指さす向こうにあるのは、女子高生達がよく使うプリクラの機械だった。正式名称は知らない。
 撮るとしたら何か恥ずかしいな。男だけではプリクラなんか撮らないからなぁ。
「そうよぉ。筆箱の中とかに貼ると恋人みたいよぉ」
「は、貼らないよ!」
「また照れちゃって。可愛いんだからぁ」
「ち、違う。もうそんな事はいいから早く撮るなら撮るぞ」
 くすりと笑う水銀燈。クソー。本当にどうしたんだ、僕。
 いいように水銀燈に遊ばれてるじゃないか。
「じゃ、ここでいいわね?」
「え?あ、うん」
 ていうか、プリクラなんてよくわかんないし、どんなのでもいいや。




銀xJマターリ
水「ねぇ~ジュン」
J「ん?どうした?」
水「雪って…好き?」
J「何なんだ?唐突に…」
水「私ねぇ~、寒いのはイヤだけど雪を見るのは好きよぉ」
J「そうか…。まぁ、僕も似たようなものだなぁ~」
水「一面の銀世界って…心が和むわぁ♪」
J「ああ。そうだな」
水「雪の降る音も好きよぉ」
J「おいおい、音はしないだろうw」
水「やぁねぇ。聞こえる気がするのよぉ。『しとしと…』って。なんか優しい音」
J「お前って…なんか不思議なやつだよな」
水「なによぉ、それ。ほめてるのかけなしてるのかわからないわぁ~」




水銀x真紅マターリ
(街中にて)
水「あらぁ~真紅じゃなぁい♪」
真「水銀燈…。何の用事かしら?」
水「何してたのぉ?」
真「べっ…別に…。ただ買い物をしていただけなのだわ」
水「あらぁ~私と同じじゃなぁい」
真「貴女もそうだったの?」
水「ええ。どうせなら一緒に行きましょ♪」
真「…仕方のない姉なのだわ」
水「きまりねぇ~」

水「このシャツ真紅に似合うわぁ~」
真「水銀燈。この上着なんて貴女にぴったりでなくて?」

水「たくさん買い物しちゃったわねぇ~」
真「でもたのしかったのだわ」
水「無理矢理ついてきちゃってごめんなさいねぇ」
真「別にいいのだわ。たまには…」
水「え?」
真「…たまには姉妹で出かけるのも悪くないのだわ」
水「真紅…」
真「姉さん。今日はありがとう」





銀x翠マターリ
(翠星石のへや)
水「翠星石~」
翠「誰ですかぁ~って…水銀燈ですか。一体何の用です?」
水「うん。今お掃除してるから、ちょっとお部屋空けてくれなぁい?」
翠「何言ってるですか!べつにそんなのいらないです!入ってくんなです!」
水「あら…そう…ごめんなさいねぇ」
退却する水銀燈
翠「まったく、私にもぷらいばしーがあるです!」
(数時間後)
翠「水銀燈…ちょっと話があるです…」
水「え?私にぃ?」
翠「さっきは…その…怒鳴ったりして悪かったです…私のためにしてたのに…」
水「翠星石…」
翠「ごめんなさい…です。でもいきなり入ってきたりするのは勘弁です!」
水「うふふ。はいはい♪わかったわぁ」




銀x蒼マターリ
水「ねぇ~…蒼星石ってあまりお洒落しないわよねぇ…」
蒼「な…なにをいいだすんだよ…いきなり」
水「だって気にもなるわよぉ。貴女だってお年頃の女の子よぉ」
蒼「そ…そんなこと…別に…////」
水「たとえばぁ…口紅つけるだけだってぇ………ほらぁ♪」
蒼星石の唇に口紅をつける水銀燈
水「鏡で見てごらんなさぁい」
鏡を覗き込む蒼星石
蒼「わぁ…これが……僕?」
水「うふふっ。あなたはもとが綺麗なんだからもっとお洒落したってバチは当たらないわよぉ」
蒼「…水銀燈、優しいんだね…」
水「だってぇ~貴女は私の可愛い妹ですものねぇ」




水銀「薔薇すぃーったらなんてかわいらしいのぉ~♪」
水銀「ありがとう銀ちゃん・・・」
水銀「あぁ我慢できないわぁ・・・抱きしめたいわぁ耳噛みもいいかしらぁ?」
水銀「銀ちゃんになら・・・何されてもいいよ・・・」
水銀「ほんとぉ?なら水銀鐙に全部ちょうだぁい」


薔薇「銀ちゃん・・・私もまぜて・・・」
水銀「!!!!!!!!!」




昼休み、ジュンは屋上にいた。
ただなにもせず座ってぼーっと空を眺めているだけ、その行動に意味は無い。
ただそうしたかっただけ。
横で翠星石がさわいでも、真紅が文句をいっても、蒼星石があきれていても気にしない。
だからこの時間はジュン一人だけのはず。
けどいつからか横には水銀燈が。
水銀燈はジュンの肩にもたれかかり同じように空を見上げてぼーっとしている。

J「・・・・・・」
水「・・・・・・」

二人の間に会話は無い。その必要も無い。そうしていることが普通だったから。
だからその姿を見て真紅が切れても、薔薇水晶が指を咥えていても、翠星石がやきもち
をやきまくっていても、雛苺が焼餅をさがしていても気にしない。
ここは二人だけの時間、他人が入り込めない場所。
その時間が終わり現実に戻ったとき、ちょっとお互いが恥ずかしい。
そしていつもの日常が始まる。