※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


雛「トモエーお昼休みなの。一緒にお昼休みなのー」
巴「雛苺…」
雛「うゆー…どうしたのー?」
巴「今日は委員会のお仕事があるから一緒にお昼休み出来ないの」
雛「うゆー…」
巴「ごめんね雛苺」
雛「大丈夫なのー。雛一人でお昼休みできるの」
巴「本当に大丈夫…?」
雛「その代わり帰りは一緒なのー!」
巴「うん、約束。指きりしましょう」
雛「ゆびきりなのー!」

~~~中庭~~~

J「(ん…。あれは雛苺か。このクソ寒い日に外で弁当食べるなんてどうかしてる…)」
J「(あ…しかも弁当落とした…。まぁ俺には関係ないね…)」
雛「…うゆぅ~…っ」
J「(やばい目が合った…!あぁ…すごい見てるすっごい見てるぅー!)」
雛「雛のお弁当ー…」
J「はぁっ…。どうしたチビッ子」
雛「お弁当落としちゃったの…うゆぅ」
J「ああうざいなぁ。いちいち泣くな!」
雛「だってだってぇ…お弁当もうないのー!」
J「ああうるさい!ほら!」
雛「うゆ?」
J「これくれてやるからもう泣くな!」

雛「…これジュンのお弁当なのー」
J「うちのブスが作った不味い弁当だ」
  いらないって言ってるのに。大体俺はお昼は購買派なんだ」
雛「…じゃぁ半分コなのー」
J「なっ!だから俺はいらないって言ってるだろ!」
雛「良いから雛の隣座るなの」
J「無理やり手を引っ張るな!」
雛「お弁当は落としたけど雛のお箸は無事だったのー」
J「あーそうはいはい。つーかだからどうして俺がお前と向き合ってご飯食べなきゃならないんだ!」
雛「いただきますなのー!」
J「人の話聞けよ!」
雛「はい、ジュン、あ~んなのー」
J「え、あ、あーん…って自分で食べられる!」
雛「ジュン顔赤くなってるなのー」
J「わ、笑うな!いいから早く食べろよっ!」
雛「はいなのー」

~~~下校・帰り道~~~

巴「雛苺…なんだか嬉しそうだね。何か良いことあった?」
雛「そうなのー!でもジュンに秘密にするように言われたのー」
巴「(桜田君が遊んであげてたのか…)」
巴「へぇ…そっか。よかったね」
雛「うん!とっても楽しかったのー!」
巴「…やっぱり雛苺は…」
雛「うゆ?」
巴「うんん。何でもない。そうだ、うにゅー買って帰ろう」
雛「うにゅー!うにゅー沢山食べるのー!」
巴「(…笑顔の時が一番だよ…)」


全員に入れようかと思いましたが巴中心なので巴へ。
翠星石 「きゃあああぁ! の、覗きですぅ!!」
ジュン「くそ、逃げ足の速いっ……柏葉、そっち行ったぞ!」
真紅  「巴、その竹刀でのしてあげなさい」
 巴  「でも暴力は…竹刀は人を叩く物ではないし…」
翠星石 「こんな時に何呑気なこといってるですか!」
雛苺  「トゥモエ頑張って~~~きゃっ!?」
覗き魔 「邪魔だテメエ!」
 巴   「―――っ!」
雛苺の悲鳴を聞き、巴の武闘家としての筋肉が瞬時に反応する。
巴は手に持った竹刀を―――――投げ捨て、
パンッ! パンッ! 
響き渡る銃声と共に、崩れ落ちる犯人。
ジュン (えぇ――っ!? 竹刀意味ねぇ~!)
真紅  「…………」
翠星石 「…………」
覗き魔 「……な、なんで…」
 巴   「…暴力はいけないことだと思います」
ジュン 「お前が言うな」


剣道部の試合。

雛「巴がんばるのぉ~!バコーンってするのぉ~!」
真「根性を入れるのよ!」
JUM「がんばれ!(剣道着さいこー!)」

マニアックな趣味のJUMはほっといて・・・。

巴「あ・・・桜田くんが応援に来てる・・・」
巴(この試合・・・・勝たないと!)
水「早くきなさぁ~い・・・うふふ・・・」
巴(相手は水銀燈なの?・・・桜田くん・・・怖いよぉ・・・)

JUM「巴!僕がついてる!負けるなよ!ファイト!(デジカメ充電中)」
真「生きることは戦うことなのだわ・・・」

巴(桜田くん・・・。見てて!私、桜田君のために一本決めるわ!)
水「かかってきなさぁ~い・・・うふふ」


巴「桜田くん、昨日休んでたけど、もう大丈夫なの?」

J「うん。もう平気」

巴「そう、よかった。これ、ノートのコピー。よかったら使って」

J「……いつもありがとう。あ、あの、お礼に、何か」

巴「いいの。私が勝手にやってるだけだから。気にしないで」

J「そう、か。うん。じゃあ」


巴「ねえ、桜田くんと私ってどんな関係?」

JUM「どんな関係って、ただの・・・」

巴「ただの?」

JUM「・・・幼馴染?」

巴「ただの、か・・・」

JUM「・・・なんだよ、そうじゃなかったら何なんだよ・・・」

巴「あ、あのね・・・、桜田くん・・・」

JUM「な、なんだよ・・・」

巴「わ、私ね・・・桜田くんに剣道教えてあげる・・・」

JUM「え・・・」

巴「だからね・・・かわりに桜田くんは、私に桜田くんのこといっぱい教えて・・・ね?」


プルルルルルッ…

ガチャ

巴「はい、柏葉ですけど」

「…まきますか?まきませんか?」

巴「え??」

「…もう一度だけ聞きます…まきますか?まきませんか?」

巴「……ま、まきます」

「…では、失礼 オホンッ!ンンッ!…



…いーとーまきまき、いーとーまきまき、まーいてまーいてトントントン♪いーとー…」

ガチャン

巴「あ~あ、オナニーして寝よ」


巴「ちょっといいかな?」(巴、勇気を出すのよ)
巴「お弁当作りすぎただけど!よかったら一緒に食べてくれるかな?(//////)」

巴「本当にありがとう!」(やったぁー)

巴「味の方どうかな?おいしい?」(あぁん、一緒にお昼ぅー)

巴「おいしい!本当に!ありがとう!」(これって好感触!!!)

巴「お、お嫁さんーーーーーーー(//////)」(はぅん、お嫁さん!奥さん!キャーーー)

巴「よかったら!その、また作ってきても良いかな?」(もう、わたしも食べて!キャーーー)


巴「おはよう!学校に行く時間だよ!」

巴「あと5分?何言ってるのダメです!」

巴「厳しくありません!早く起きなさい!」

巴「朝食も用意したから一緒に食べよ!」

巴「早く着替えてきてね!お味噌汁温めてくるから!」


巴「桜田君、ちょっとこれ味見してくれる?」
J「どれ・・・うぇぇぇ。何だこれ!?」
巴「おはぎに塩辛入れてみたんだけど・・・美味しくなかった?」
J「美味い不味いって次元を超えてるよ!」
巴「そう・・・じゃあこれは失敗だね」
J「普通に作ればそこそこ美味いのに、どうして最後に変なもの入れるんだよ」
巴「それは・・・」
それは、あなたが昔に言ったから。
わたしは小さい頃何の取り得もない子だった。
小さいながらもJUM君に何かしてあげたいと思ったわたしは、お母さんにお料理を教わった。
「ねえジュン君、食べてみてよ」
「・・・どう?」
「ふつう?ぱんちがたりない?」
結局わたしが作る料理も何の取り得もない料理なのかと子供心にショックだった。
だからわたしはいつかJUM君をあっと言わせるような料理を作ろうと決心した。
J「それは?」
巴「・・・秘密!――それよりこっち食べてみてよ。自信作なんだ」
J「・・・どれ・・・・・・ぶえぁ!何だこれ!?」
巴「ジンギスカンの練乳和えおにぎり。美味しくなかった?」
J「不味い!」
巴「ん~、じゃあまた今度チャレンジするね。その時はよろしく」
J「うへぇ。普通に作ってくれよ、普通に」
巴「料理はパンチが必要なんだよ。知らなかった?」

~おわり~